【富山居酒屋5選】間違いなく魚が旨い居酒屋&ぜひ食べるべき一品のご紹介

ども、富山人あるのんです。

今回は富山人あるのんが特にお薦めしたい、魚が美味しくてたまらない居酒屋特集です。

個人的な主観に基づく内容ではありますが、県外から富山に来た人にはもちろんのこと、味に厳しい富山人にもお薦めできるお店をご紹介していきます。

「たまにはおいしいものを食べたいけど、どのお店がいいのかよくわからない」、「県外から来る人をどのお店に連れて行けばいいのか」、「今度富山に行くけど、せっかくだから富山のおいしい魚が食べたい」という場合にお役に立てていただけたらと思います。


ご紹介するお店に共通する事項

・四季の味が楽しめる
いつ行っても旬の味が楽しめます。

・いちいち言うまでもなく刺身はおいしい
なんたって富山ですからね。

・置いてある日本酒に勝駒がある
全国的にも人気の高い高岡のお酒。富山人ですら入手困難。

・お店の人の対応が心地よい
味が良くてもお店の人の感じが悪いと興ざめです。

・行くときは予約するべし
どのお店も人気店なのでぜひ早めの予約を。

おすすめメニューの画像がないのもあったり値段がわからないものもあったりします。あしからず。

酒菜工房だい


僕が知るかぎりでは富山で最も予約の取りにくい居酒屋です。あるとき予約して開店直後の17時行ったんですが、入り口に入ると旅行者らしき人がいて「予約でいっぱいなので…」と断られていました。まだお客さん一人もいないのに…。今度はぜひ予約してきてください!

魚介類を中心とした彩とりどりのメニューは、どれも創意工夫とアイデアを感じるものばかりで非常に目移りしてしまいます。メニューによっては、店長がかつて修行したという加賀料理の趣向も楽しめます。

創意工夫を感じるメニューの一部

  • 霜降り氷見牛とトマトと生うにの朴葉焼 1,300円
  • 加賀蓮根(はさみ揚げ、コロッケ)680円
  • きす梅しそ天ぷら 680円
  • 甘えびと空豆のしんじょう 600円
  • 名水ポークの天ぷら 800円
  • 香箱がにしんじょうとお餅 680円
  • ゆり根と銀杏のかき揚げ 680円
  • かれいのあくあぱっつぁ 900円

日本酒の傾向
種類こそそこそこながら、県内外のいいものを厳選したという感じ。それぞれに解説があってそれがとてもわかりやすく、どれも全部飲んでみたくなること必至。

ぜひ食べておきたい一品

・カワハギ丸ごとカルパッチョ 800円
カワハギの刺身に絶品のキモをまぶしたカルパッチョ。だいに来たらぜひ食べたい定番の逸品。

・寒ぶり10kg~(冬季のみ)
冬の味覚の王さま寒ぶり。大きければ大きいほど脂がのってて美味とされ、10キロ超えのものはなかなか我々庶民の口には入りにくい高級魚です。もし運良く見かけたらぜひ食べてみてください。

・のど黒塩たたき 1800円

白身のトロと言われるほどに脂がのったのどぐろ。刺身でおいしいのどぐろをバーナーで炙り、醤油ではなくあらかじめ味付けされた塩でいただく絶品塩たたき。ワサビは自分ですり下ろすので、ぜひた~っぷりと付けて食べてみてください。富山ではのどぐろを「魚神」と書きますが、これを食べて魚神と書く意味がよくわかりました。

酒菜工房 だい
住所:富山県富山市内幸町2-14 内幸ビル2F
電話:076-441-2223
時間:17:00~24:00
定休日:日曜
だいWEBサイト

大衆割烹あら川

居酒屋特集といいつつ割烹を出すのは反則でしょうか。割烹と聞くと敷居が高そうな印象がありますが、こちらあら川では地元の素材をリーズナブルに提供する大衆割烹というカテゴリーのお店なのです。

魚はすべて地物と天然物に強いこだわりがあります。とにかく富山湾のうまい魚をひたすら食べたいという人には、迷わずこちらをお薦めします。

魚がおいしいのはもちろんのこと、個人的に特におすすめしたいのが時期により多数揃う珍味類。これらはすべて自家製のもので、他店にはない富山湾の絶品珍味が食べられます。

IMG_0778_R
系列店のあらさんで撮影のもの。(たまたまあら川から持ってきたとのこと)

日本酒の傾向
日本酒はさすが富山湾の魚にこだわっているだけあって、富山の代表的お酒で揃えられています。

ぜひ食べておきたい一品

・珍味三種盛り
IMG_0647_R
※画像はあらさんで撮影のもの
左からこんか鰯、いなだ、海老の頭を揚げたもの+たらの肝

・カニミソ
あまりに絶品過ぎて「なんでこんなにおいしいのか」と直球で聞いてみると、「何も手を加えていないから、我々料理人風情がいじくり回してはいけない」という大将のおことば。

別の珍味でも感激してお話を聞いたことがありますが、「体液の一滴まであますところまで使うから」と言っていたのと関係があるのかもしれませんね。

系列店限定メニュー

・白えびふわふわ揚げ
IMG_0666_R

系列店の「米精あら川」と「あらさん」にだけある、絶品白えびふわふわ揚げ。強烈に香ばしい白えびの風味を満喫することができます。

系列店のあらさんはオープンカウンターのお店となっていて、見た目にも入りやすく、あら川クオリティの味が気軽に楽しめるお店となっています。一品一品の量はわずかに少なめにしてあり、そのかわり価格を抑えてあるという、あれもこれも試したい人には嬉しい仕様となっています。

大衆割烹 あら川
住所:富山市桜町2-2-22
電話:076-441-9369
時間:17:00~23:30
定休日:日曜・祝日
あら川WEBサイト

ちょい呑み居酒屋 あらさん
住所:富山市新富町1-2-3CiCビルB1F
電話:076-411-9367
時間:11:30~14:00、16:00~23:00
定休日:火曜
あらさんWEBサイト
白えびふわふわ揚げ紹介記事

米精あら川
住所:富山市新富町1-3-19吉田ビル1F
電話:076-441-8000
営業:17:00~22:30
定休日:日曜・祝日
米精あら川WEBサイト

炉端長屋一一(いちいち)

フードやお酒の豊富なメニューに圧倒されます。お店の場所も富山駅に隣接するエスタビルにあることから、さいしょは「観光客向けのお店かな?」と思ってんですが、実際行ってみるとこれが何を食べてもいちいちうまい!←
日曜もやってて、日曜は午後4時に開店するのもさりげにありがたいですね。

日本酒の傾向
全国の銘酒が数多く揃っています。これだけの日本酒を置いてあるお店って富山じゃ他にないんじゃないかな?と思っちゃいます。もちろん富山の地酒も数多く置いてありますよ。

店長さんが日本酒に詳しいので、どんなものが飲みたいのか好みを伝えると、きっとぴったりの一献をいただくことが出来るでしょう。色々飲んでみたいという人はショットで注文するのがおすすめです。

ぜひ食べておきたい一品

フグ刺しを得意とする包丁の達人がいるということなので、もう刺身の切り方がすごい。

・ヒラメのうす造り
IMG_4338_R

目を凝らさないとよくわからないくらいに薄いヒラメ。

・しめ鯖
IMG_4342_R

しめ鯖のおいしいお店は数あれど、その中でもぼくが一番好きのがこの一一のしめ鯖。一点の生臭みもなくトロリとした食感は、日本酒なしで食べるのはあり得ない。いつもあるわけではないので、もしあればラッキー♪ぜひ食べてみましょう。

B級グルメ的なメニューも
鉄板焼き料理メニューも揃っているのですが、オイスターソース焼きそば、とんんぺい焼き、お好み焼きなど色々あるまして、これがまたおいしいんです。特にお好み焼きは蒸し焼きにするのもあり、ふあふあな食感がたまらないですよ。

焼きそばとかとんぺい焼きとかお好み焼きって、いわゆるB級グルメのカテゴリーですが、この一一のものはB級グルメというより料理人が作ったひとつの料理として完成されています。

ぼくの中で富山でお好み焼きといえば、ぼてやんか一一か、くらいの勢いです。

〆の一品もいい
〆と言いつつガッツリ量のある「そばめし」がめっちゃうまい。最初に頼んでもいいかもしれない。具や薬味の豊富なお茶漬け。麺がしっかりとしつつもっちりしてて、具だくさんながらさっぱりいただける冷やし蕎麦。どれもおすすめです。

・冷やし蕎麦
IMG_4345_R

炉端長屋一一
住所:富山市桜町1-1-1
電話:076-441-5211
時間:17:00~23:00、日祝16:00~22:30
一一WEBサイト

居酒屋 艶次郎

日曜日も営業している隠れ家的な居酒屋。魚がおいしいのはもちろんのこと、意表を突かれて嬉しい不意打ちを受けるメニュー多し。

・すり身揚げ
IMG_9697_R

とんかつ!?

IMG_9700_R

と見せかけてすり身揚げ!

・カニミソのテリーヌ
IMG_9733_R

・ウニ焼きおにぎり
IMG_9746_R

日本酒の傾向
富山の地酒で統一。特に近年人気の高いものが多い印象です。

ぜひ食べておきたい一品

・本マグロかぶと肉のネギマ(800円)
IMG_9704_R
見た目から想像もつかないような柔らかさ。マグロの淡白な味わいとタレの濃い味がまた絶妙にマッチしています。

居酒屋 艶次郎
住所:富山県富山市桜町2-1-14 夜光城ビル2F
時間:17:00~24:00(LO.23:30)
定休日:月曜
艶次郎Facebook
艶次郎の紹介記事

かまど料理とお酒 くろべ

マンテンホテルの横にある提携店舗。ホテルの居酒屋ということでほんのり高級感もあり、全体的に観光客を意識したメニュー構成になっていますが、それが逆に富山人にも新鮮なメニューが多いです。

定番である八丁味噌熟成おでん、かつおのユッケ(450円)、絶品トビウオの昆布締め(550円)、ととぽち(たらすりみのセイロ蒸し)(500円)、湯葉のとろ刺し(550円)、豚角煮(塩出し)(580円)など。季節ごとに変化していくのも楽しみなところ。

日本酒の傾向
富山の定番中の定番の日本酒が3種のみで、銘柄は立山・勝駒・満寿泉とけっして種類は多くありませんが、「富山の代表的なお酒を飲みたい」「たくさんは飲めないから勝駒があればいい」という人にはこれで充分かもしれません。

ぜひ食べておきたい一品

・いわしのすり身揚げ(550円)
このとてつもないイワシ感!味といい食感といい、これはまさにイワシそのものです。

・自家製月見つくね串
このくろべの焼き鳥はとてもおいしいです。パリッとした焼き加減といい食感のジューシーさ。一緒に出てくる薬味類がまた楽しい。
その中でも特にこのつくね!この自家製月見つくね串のコリコリっとしたなんこつ感、つくねの旨味、コク深いタレ、これを卵黄に絡めていただくと幸せがやってきます。あちこちでつくねは食べますが、こちらのがつくねが個人的に一番好きです。

かまど料理とお酒 くろべ
住所:富山市本町2-17(富山マンテンホテル横 マンテンプラザ2F)
電話:076-439-0121
時間:17:00~23:00 日祝17:00~22:00
定休日:無休
くろべWEBサイト

ということで、今回はこちらの5店をご紹介させてもらいました。この他にももちろん、おいしいお店はいっぱいありますけどね。とりあえず迷ったら、これらのお店のどれかに行っておけば間違いないとだけ言っておきましょう。

こんな記事もあります
http://arnon.jp/hitorinomi