【外食でいただく卵かけご飯】小矢部のおやたま食堂に行ってきた

IMG_6043_R
ども、富山人あるのんです。

ヒトとにわとりはの関わりは紀元前4000年説とも紀元前8000年説とも言われていますが、我々日本人にとってもニワトリなしの食生活は考えられないくらいに浸透しきっていますよね。

映画「ロッキー」で、ロッキーが体を鍛えるために生卵を飲む有名なシーンがあります。あれは卵を生食する日本人的にもちょっと抵抗のあるシーンですが、外国人にはさらにまた別の思いがあるようです。

このシーンにのために特別なギャラが用意されたという噂もありますが、生卵を食べるということはそのくらい特別のことなのでしょうね。日本人でよかった。

古来より日本において卵を食べるという行為は「殺生である」として避けられてきました。しかし無精卵はどれだけ待っても孵化しないことから「にわとりの卵は生き物ではない」という俺さま理論が発動し、江戸時代より食されることとなったようです。

T K G (たまごかけごはん)

わざわざ言うまでもないですが、卵かけごはんの材料は日本人の主食であるお米、生食できる卵、日本を代表する調味料の醤油から構成されていますよね。まさにこれこそが我々日本人の原点ともいうべく卵料理ではないでしょうか。

手軽すぎるせいか見た目のせいか「あまり人に見られたくない料理」というイメージがあるように思いますが、しかしこれをあえてお店で提供するならば「家庭で食べる手軽さから一歩超えたものが食べられるのではないか」という期待がありますね。

ということで、今回は富山県小矢部市にある卵ごかけご飯のお店、「おやたま食堂」に行ってまいりました。

IMG_6044_R

IMG_6047_R

食券制です。このあるのん、初めてのお店で食券というのはウサイン・ボルト級に緊張が走ります。ゴルゴ13ばりに背後の気配が気になりますが、この日は遅めに行ったこともあり空いてました。幸運の女神はあるのんに微笑んだようです。

卵かけご飯以外にもカレーやラーメンなどのメニューもあり、そちらも非常に興味はありますが今回は卵かけご飯一択にしておきましょう。

ふーむ、そうなるとデザートもほしいかな。おやたまプリンも注文して女子力アップも狙っちゃおう~っと♡あたし男だけど。

IMG_6133_R

ご飯の量と卵が選べる

IMG_6130_R

ご飯の量が小(200g)中(250g)大(300g)と選択でき、卵も濃厚、あっさり、さっぱりの3種の中から選べます。

あっさりとさっぱりの差がマニアックでなかなか初見殺しの難易度ですが、ここはやはり濃厚でいきたいですね。ご飯の量は多すぎると卵のコクが薄くなったりしないかしらという懸念から中を選択。

醤油も3種あります

IMG_6051_R

すべて地元小矢部市の醤油。いやゆる普通の醤油ではなく、どれも卵かけご飯に合うように作られた醤油です。ちなみに右横にあるかつお節と海苔もかけ放題です。

IMG_6060_R

IMG_6062_R
※クリックで拡大

今回は一番左のものにしました。

卵は3種から選択

濃厚 マリンエッグ
鶏に発酵飼料と魚粉を与えることで、一般卵と比べて旨味が1.3倍、こくが1.56倍、DHA・EPAが約2倍、ビタミンEが約4倍となり、もはやスーパーサイヤ卵ともいうべき卵。

あっさり とこたまα
地元のお米と古の食材「アマニ」を飼料に配合した卵。サラリと上品で切れが良く旨味も濃厚な卵で、なんと指で黄身をつまむ事ができるとのこと。

tokotama03
出典:床鍋養鶏WEBサイト

インド人もびっくり!

さっぱり ハーブたまご
飼料にハーブ(オレガノ・シナモン)を配合した卵で、臭みもなくサッパリとした味わいとのこと。

◆たまごかけごはん450円 + おやたまプリン250円
IMG_6052_R

IMG_6064_R

IMG_6074_R

粒が大きいご飯です。ほんのり硬め。ご飯の硬さって人それぞれの好みがあるので、なかなかデリケートな部分でもありますよね。

まずはシンプルにそのままで。

IMG_6084_R

さらにかつお節や海苔のトッピングで変化を楽しむ。

IMG_6090_R

アッという間に完食。外で食べる卵かけご飯というのも新鮮ですね。

味噌汁も漬物もおいしかったです。

おやたまプリン

IMG_6094_R

IMG_6129_R

さっぱりとした甘さ。コーヒーも頼んどきゃよかった。

「この卵が欲しい」という人に

外にはやたらギミックが気になる立派な自販機があります。この自販機には店内にある3種以外にも気になる魅力的な商品がありますので、こちらに行かれた際にはどうかご覧になってみてください。

IMG_6140_R

超個人的な妄想

ド素人の個人的な妄想で恐縮なんですけど、これだけ魅力的で面白い卵が揃ってるのでいろいろ味見してみたいな~なんて思うわけですよ。

これらの卵たちを、ぼくが個人的に卵を最もおいしく食べる調理法として信じて疑わない「トロリ半熟の煮玉子」にして、これをハーフサイズ(1/2)にカットして「煮玉子 3種食べ比べセット」的なメニューがあったら絶対に食いつきます。もちろんご飯も追加で注文しなきゃ!

ラーメンの写真を見るとハーフカットの煮卵が入っているようですが、種類を増やして追加注文もできるようにすれば、より需要が高まるのではないかと妄想しました。

おやたま食堂
住所:富山県小矢部市平桜6082
電話:0766-69-7123
営業時間:火~日11:00~15:00 土日祝10:00~15:00
定休日:月曜(祝日は営業でその翌日が休み)

コメント

  1. タカキ より:

    おおっ! 遂にこの記事がw
    富山のお米に良い玉子でマズイ訳がありませんよね♪
    まあ生まれ故郷なんで多少は補正入ってるかもですけどw

  2. とるきち より:

    この記事待ってましたw
    美味そうですな…(´Д` )

    初見弱い勢としてはこれを読んで脳内シミュレーションをしていかなければ…

    • あるのん より:

      まず券売機で後ろに人がいたら焦りますからねw
      ばっちしシミュレートしてぜひラーメンとカレーも食べてみてくださいね^^(こっそり感想教えてくださいw)