神岡のソウルフード『とんちゃん』を富山市でテイクアウトしよう!@たからや分店 牛もつ屋ひで

ども、富山人あるのんです。

岐阜県で最も富山に近い街、飛騨神岡町。

神岡にはニュートリノの研究施設『スーパーカミオカンデ』がありまして、梶田隆章さんがノーベル賞を受賞したことで全国的に一躍有名になったのは記憶にあたらしいところですよね。

さて皆さん、そのニュートリノって何かご存じですか?

ええ、それってもちろん、


スナックニュートリノ
のことですよね。

しかし残念かな、現在は閉店してしまっているようです。
もう少し頑張ればニュートリノ特需がやってきたというのにね。

このスーパーカミオカンデの施設のある旧神岡鉱山。
この鉱山がまだバリバリに現役だった頃、鉱山で働く男たちのために、あるスタミナ料理が食べられるようになりました。
それが『とんちゃん』なのです。

名前からして「豚ちゃん?豚肉料理?」と思いがちですが、どうしてそうなったのか牛ホルモンを使用。
この名前の由来についてはネットで調べたり、神岡出身の人にも聞いたりしてみましたがわかりませんでした。気になるやん…。

この牛ホルモンを濃い目の味噌ダレ漬け込み、漬け込んだホルモンをキャベツやタマネギやもやしなどと一緒に炒めます。
そして残った汁をご飯やうどんに絡めて炒めると、それはもううまみたっぷりな〆の一品ができあがるのです。

神岡町にはとんちゃんを提供するお店が数店あるのですが、その中に昭和33年に創業したという『たからや』という老舗のお店があります。
とんちゃんを食べに神岡まで行くのもいいのですが、「わざわざ神岡までめんどくせえし」というインドア派なあなた向けにぴったりのお店があるのですよ。

たからやをテイクアウトできるお店が富山市内に!

富山市下大久保(旧大沢野)に、『たからや分店 牛もつ屋ひで』というお店があります。
ここでは、名店たからやのとんちゃんがそのままテイクアウトできちゃうのです。
そのお店は住宅街の中にひっそりと存在しています。

ではご覧いただこう。

IMG_7794_R

おわかりいただけただろうか。

では反対の方向からも見ていただこう。

IMG_7797_R

おわかりいただけただろうか。

ほら、ここですよ、こ・こ。
↓  ↓
IMG_7797_Rb


コカコーラの自販機が目印。

IMG_7791_R

完全に周囲と同化しています。

IMG_7793_R

『たからや分店 牛もつ屋ひで』は、とんちゃんのテイクアウト専門店です。

とんちゃん以外にもカルビとか牛タンなどもありますが、ここはもちろん牛もつ一人前を購入。(630円~)

帰りにネギとキャベツとうどんも購入し、さっそく調理してみます。

開封の儀

IMG_8091_R

味噌やらニンニクやらの、すばらしくいい匂いがしますよ。

ちなみに、下に敷いてるのはクッキングペーパーです。
焦げ付かないし匂いもつかないので、とってもおすすめですよ~。
クッキングホイルのほうが使い勝手はいいのですけどね。

ある程度焼けたら、キャベツとネギも投入。
ちょっとチョーシこいて野菜率が多かったんですけど、野菜からも水分が出ますので大丈夫。(多分)
本来、肉と野菜は同等がいいとのことです。

IMG_8163_R

いい感じにしんなりしてきましたよっとぉ。

出来上がったものに一味もふりかけてっとぉ。

IMG_8197_R

久々に食べたけど、やっぱう め え!!

ホルモンはこの脂身がおいしいんだよね。

最後に、コンビニで買ってきた冷凍うどんを投入。

IMG_8202_R

汁の量がけっこう微妙で焦るぼく。汁さん頑張れ!!

IMG_8230_R

汁を最後の一滴まで搾取して完成!!

完全に焼きうどんですが、いい味がしみてて大変に美味でした。

ごちそうさまでした!

本店と分店の味の違い

そういえば何年か前に、神岡のたからや本店にとんちゃんを買いに行ったときの話。

お店の人「大沢野でも同じものを売っているんですよ~」。

ぼく「ああ、買いに行ったことあるので知ってます(^^)」。

お店の人「でもここ(本店)と味が違うって言う人もいて、今も富山から買いに来られる人もいるんですよ。一緒なんですけどね~」。

ぼく「そ、そうなんですかぁ!?あははは………ハハ…」。

いえいえ、けっして疑ってなどいませんから!!(;-_-)

たからや分店 牛もつ屋ひで
住所:富山市上大久保1478-10
営業時間:10:30~18:30
定休日:月曜日