【手打ち蕎麦 あかり】入善町にこんな素敵で旨い蕎麦のお店があった!

ども、富山人あるのんです。

日本人の食文化にとても馴染み深い『蕎麦』。

蕎麦はシンプル極まりない食べ物ではありますが、原料・蕎麦粉の挽き方・打ち方・茹で方・使用する水・水回し(加水)など、ほんの微妙な違いが風味や食感を大きく左右する奥深いものです。

蕎麦こそが日本人の『粋』を体現した食べ物ではないでしょうか。

今回は入善町においしい蕎麦屋がありましたので、こちらをご紹介したいと思います。


手打ち蕎麦 あかり

入善町の8号線から少し入り、田園風景が広がる場所にひときわ目立つ立派な建物が見えてきました。

見た目にとても立派な建物ですが、これが困ったことに…

中まで立派なんですねぇ。

メニューに集中できなくて困っちゃいますぅ~><

メニュー

冷たい蕎麦は「粗挽きせいろ」の二八蕎麦か「十割せいろ」の十割蕎麦かを選択でき、お値段はどちらも850円です。

この日、平日の午後1時前にお店に入ったのですが、既に「十割」は売り切れ、天ぷらも全て売り切れという有様でした。

黒板メニューに『本日の山菜』という魅力的なものが目に入りましたが、これも天ぷらネタでやはり売り切れ。

しまった、もっと早く来るべきだったか。

午後1時半には『準備中』の看板に変更されていました。ド平日だというのにこの売り切れっぷりとは、かなりの人気店のようです。

注文して待っている間、メニューとは別にあるこちらのものを拝見。

【開業物語】

蕎麦屋を開業するに至った経緯が綴られています。

【蕎麦と薬味の相性・つなぎの割合】

すべて読まなくとも一目しただけで、店主の熱いパトスが伝わってこようというものです。これは蕎麦が楽しみ。

■粗挽きせいろ 850円

まずは何も付けずにいただいてみます。

つなぎを感じさせない芳香な蕎麦の香り、舌触り、歯ごたえ、喉越し、二八蕎麦の醍醐味が楽しめます。

こちらで使用されている蕎麦は、風味に優れ、香りや甘味が強い茨城県産常陸秋そばの殻を抜いた実を、毎朝、その日使う分だけ石臼で挽き、蕎麦の香りを大事にするために敢えて粗挽きにこだわっています。(メニューより引用)

次回はぜひ十割蕎麦を…!

このツユがまたいいですね。

香り高く、力強さもあります。

こちらの蕎麦汁は、蕎麦の微かな香りや風味を邪魔しないよう、削り立ての鹿児島県枕崎産本枯れ節の本節と亀節をブレンドして出汁をとり、返しと合わせています。(メニューより引用)

■豚なす蕎麦 1,250円

黒部名水ポークと揚げなすをトッピングした温蕎麦。

このツユがまた実に濃くて深くていいお味なのです。

黒部名水ポークが絶品すぎます。脂身が旨い。

そして、揚げなすとツユが絶妙に合うことと言ったらありませんよ。

厳かに味わいながら食べていると、何やら運ばれてきました。

こ、これわいったい何なんだ…

はい、もちろん蕎麦湯ですよね。

こんなにおいしくて健康にもいいなんて、我々日本人はもっともっと蕎麦を食べなくてはいけません。

懐が許せばですが…

まとめ

いつまでも見ていたい素敵な造りのお店に、店主の強いこだわりが感じられる旨い蕎麦。

眼福も満足も得られ、お店の人の対応も気持ちよく、またぜひ来たくなるようなお店です。お店はまだ真新しく出来てからそう経ってないはずですが、既に人気があるというのも頷けるお店でした。

富山市からだと入善町はなかなか遠いしそう行く機会もないのですが、このお店のためにわざわざ行く価値はあると思います。

そしてこれは後から知りましたが、こちらのお店では事前に蕎麦の予約をしておくことが可能です。

電話することで蕎麦を取り置きしておいてもらえるので、確実に食べるならぜひ電話を一本入れておくようにしましょう。

そしてその電話ですが、ご夫婦2人だけで切り盛りされてますので、営業中だと忙しくて取れない場合もあります。なので、できるだけ営業時間外に電話するようにしましょう。

さあ入善へ向けて車でGO!!

手打ち蕎麦 あかり
完全禁煙
住所:富山県下新川郡入善町上野818-1
電話:0765-33-4132
営業時間:11:30~14:30(最終入店14:00)
※蕎麦がなくなり次第終了
定休日:1月~3月火曜日・水曜日
4月~12月火曜日・第1第3水曜日
※お盆休業、年始休業あり、臨時休業あり

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連コンテンツ

コメント

  1. 匿名 より:

    そばつゆは、『かえし』と書いた方がよいですよ

    • あるのん より:

      コメントありがとうございます!
      かえしを出汁で割ったのがそばつゆということですが、それでも味云々言う場合はかえしと言ったほうがいいということですかね。