コンテナ型飲食店「あまよっと横丁」が総曲輪エリアに爆誕!!

こんにちは、富山人あるのんです。

2018年9月28日、富山市総曲輪エリアに新たな飲食街がオープンしました。

その名も、コンテナ型飲食店「あまよっと横丁」。

コ、コンテナ…!?

低予算なのだろうけど、あまりいいイメージじゃないなあ。などと思いつつ昼間にチラ見しに寄ってみました。

あまよっと横丁は、グランドプラザから抜けてすぐの場所にあります。

あまよっと横丁の名の由来

ぅおっ…!?

なんかめっちゃモダン!

コンテナっていうから、8号線でよく見かけるパキスタン系の中古車販売店を想像してしまっていたようだ。

ていうか……あれっ!!?

あれはまさか・・・・

TOYAMAをひっくり返して「あまよっと」だったのか!!

なんとAMAZINGなことでしょう。

一面ガラス張りなのもシャレてますよね。

夜とかきっとすごく映えるのでしょうね~。

ちなみにトイレは共同で、突き当りのコンテナにありました。

あまよっと横丁の飲食店

全部で7店舗あり、居酒屋、焼き肉、焼き鳥、酒バル、エスニックバル、フュージョン料理、スナック(ワイン)と、定番から個性豊かなものまで幅広い感じです。

公式ホームページがあるので詳しくはそちらで見ていただきたいと思いますが、参考までに各飲食店の説明を公式サイトから引用させていただきます。

浜多屋あまよっと横丁店
和風居屋酒

横丁の入り口にひっそりとあかりを灯すBAR「Rojiura〜路地裏〜」。こだわりのお酒とおつまみを片手に、夢を語りながら酒を呑む。
富山のフレアバーのパイオニアであるSHARE、HARVESTを手がけるMosaicWorksがプロデュース。エンターテイメントと飲食の融合により創り出される独特の明るい雰囲気。
あなたもぜひ、夢を語り、未来を語りながら呑むお酒の美味しさを感じてください。

ショーグンホルモン
焼肉

老若男女全てのお客様が楽しく美味しくホルモン焼きを楽しめ、笑顔あふれるあったかいホルモン焼き屋を目指しています。
老舗30年の焼肉屋の技術と東京最先端の焼肉店のノウハウを生かした、ハイセンスな人が来てもカッコ良さを感じるネオ大衆ホルモン焼き店です。名物タンモトショーグンというタン塩のステーキを始めとする新鮮な豚のホルモンに中毒性の高いホルモン焼きそばが名物です。

焼き鶏スミス
焼き鳥

素材を活かす。
油や調味料はあえてシンプルにしながら、大真面目に素材と向き合いました。焼鳥はタレより塩が注文が多い事が全て立証しています。
当たり前を守ることで、極上の料理を創り出します。一本一本丁寧に心を込めて串うちされた焼鳥と技巧を前に今日も舌鼓して下さい!鶏料理との相性のいい日本酒を取り揃えてます。

夢酒バル~ROJIURA~
BAR

横丁の入り口にひっそりとあかりを灯すBAR「Rojiura〜路地裏〜」。こだわりのお酒とおつまみを片手に、夢を語りながら酒を呑む。
富山のフレアバーのパイオニアであるSHARE、HARVESTを手がけるMosaicWorksがプロデュース。エンターテイメントと飲食の融合により創り出される独特の明るい雰囲気。
あなたもぜひ、夢を語り、未来を語りながら呑むお酒の美味しさを感じてください。

スパイスルートバル
エスニックバル

富山の地にお店を構えて、早十数年。この地に御縁が有りインディラグループは富山県内に、北インド料理メインにするお店4店舗、南インド料理の店1店舗、テイクアウト専門店、富山初のインドカレーの移動販売車など、地元富山で色々な形態で、出店活動して来ました。
日本人にあった、インド料理をコンセプトに日々メニュー改良、企画考案して来ました。
今回の横丁プロジェクトでは新形態に企画チャレンジします! 全ての人々が笑顔になる様な料理、お店作りを目指して…頑張っていきます。

となりの
フュージョン料理
イタリアン、フレンチをベースに置きながらも『和』『中』『エスニック』等の要素も気まま に取り入れるジャンルレスなビストロ的酒場。メインは専用オーブンで豪快に焼き上げる『ロティサリーチキン』。鶏は安心安全の国産ブランド『大山とり』に厳選の塩、ハーブ、スパイスでマリネ。回転式オーブンで余計な脂を落としながら、じっくりと焼き上げる事で、皮はパリッと中身 はジューシーな逸品に仕上げます。 
ドリンクは特製サワーからビオワイン。また酒好き店主こだわりのハードリカーまで、ジャンルにとらわれないラインナップをご用意。
たぷたぷ
スナック&ワインのお店
古き良きスナック文化。
昔賑やかに栄えていた桜木町…
そんな時代を彷彿させる、少しレトロでアンニュイな空間「スナック たぷたぷ」。横丁内の美味しいお料理と自然派ワイン。そしてたぷたぷな女の子との楽しい会話…
世知がない日常の忙しさを忘れてゆったりとした時間を過ごしませんか?
また女性の皆様、お一人様もお気軽にお立ち寄りください。

富山市の屋台村の思い出

1992年、富山市一番町(現在の総曲輪フェリオ)に人情屋台西町村がオープンしました。

これまで富山市にはいくつかの屋台村や横丁が出来ましたが、思えばこの一番町の屋台村のときが一番活気があったように思います。

屋内に独立した店舗が屋台のように並び、どのお店にいても好きなお店のものを注文できるというのは実に画期的なことでした。

現在荒町近くにある、300円メニューやお寿司が食べられる人気のお店「居酒屋よっちゃん」は屋台村出身のお店で、居酒屋よっちゃんにはもちろんですが、西町村時代にもよく行ったものです。

しかし2005年、総曲輪フェリオの再開発事業がスタートすることとなり、人情屋台西町村は惜しまれつつその幕を閉じたのでした。

その後、富山市町村にひっそりと屋台村町村店が爆誕しまして、西町時代のお店も出店していたので友人らとちょいちょい足を運んでいました。

 

ここで唐突ですが、冷奴の豆腐ってどう切っていますか?

 

豆腐を手のひらに乗せて切るときは真上から垂直に包丁を下ろしてさいの目に切るのですが、この屋台村のあんちゃんは左手に豆腐を持ちながら右手の包丁の先端を差し入れて引くように切ってて激しくギョッとしたのは今でもいい思い出です。てか今でも軽くトラウマかもしれません。

そのあんちゃん、マスターから「お前!さ、なんちゅう切り方しとんがよ!!」と激しく怒られてましたが。

そんな愛嬌たっぷりの町村の屋台村でしたが、いつ行っても我々以外に人がいなかったために程なく消えていきました。

そして2007年、株式会社まちづくりとやまが事業主体となって実現した、越中食彩にぎわい横丁が総曲輪に誕生します。

6つの店舗があって、コンセプトも雰囲気も悪くなかったと思うのですが、お店のラインナップ的に少々マニアックだったのか2013年ににぎわい横丁は閉鎖されました。

さらに2011年、総曲輪フェリオの目の前に新たな屋台村がオープンしました。

そうがわ屋台横丁です。

西町人情屋台村、となみ人情屋台村、そうがわ屋台横丁は日本海酒販によって運営され、お店側とはFC契約を結び、基本的には3年で卒業してもらうという内容だったのだそうです。

卒業というのはつまり「この3年で独立しようね」ということに他なりませんが、場合によってはお店の事情も考慮してそれ以上の契約も認めていたとのこと。

日本海酒販による屋台村の運営はそのような方針だったので、その役割を終えたと判断されれば撤退もやむなしといったところでしょう。

そしてそうがわ屋台横丁もやがてその役割を終え、この2018年9月末に満を持してコンテナ型飲食店「あまよっと横丁」が爆誕しました。

富山市の屋台村や横丁の鬼門っぷりはなかなかのものがありますが、新名所として根付いてくれればこの界隈に活気も出るしぜひ頑張っていただきたいですね。

まとめ

さあ、気になるお店はありましたか?

今回のお店はどれも面白そうなお店ばかりというか、「あ、ちょっと寄ってみたいかな」と思うお店が多いので、今度ちょっくら突撃しにいってみたいと思います。

それでは皆さん、あまよっと横丁でお会いましょう~

コンテナ型飲食店「あまよっと横丁」

住所:富山県富山市総曲輪3丁目2−16

営業時間は各店舗によってまちまち

全体の定休日:水曜日

ホームページ:https://amayot.jp/

コメントを残す