【越中茶屋】時代は朝飲みへ!?大人のモーニングを楽しんでみた

富山駅前で昼飲みが楽しめるお店もずいぶん増えたものです。

北陸新幹線の開業前とはどえらい違いで、自称全日本昼呑み協会2年に1人のホープと陰で噂されなくもないぼくとしては喜ばしい限り。

だって昼飲みって最高じゃないですか?ガンガン飲みまくっても外はまだぜんぜん明るいし、昼間から飲むという背徳感が絶妙なスパイスとなって高揚感はマシマシに。

ようやく日が沈んできたころには「よし、暗くなってきたことだし、さあ飲みに行くぜ!」とまたテンションが上がるのです。

そんな昼飲みフリークのぼくですが、そんなある日のこと、ふとある感情が沸き起こってきました。

 

朝から飲める店はないんかい!?

 

人の欲には際限というものがないということなのでしょうね。いやあ、人間って恐ろしいものです。こうはなりたくないものですよね。

ということで、今回は朝っぱらから大人のモーニングを楽しんでみたいと思います。

海幸山幸 越中茶屋

とやマルシェ内にある越中茶屋は、土日は朝8時半から営業しています。

朝もはよからハリきって地鉄に揺られて8時40分頃に訪れてみたのですが、まだ開店してなかったのでその辺をふらふら徘徊しながら9時すぎに入店。

茶屋ということなので、茶をしばくつもりで気軽に入れるのがいいですよね。なんならキョロキョロしつつ「へえ~富山って美味しそうなものがいっぱいあるんだなあ~」と観光客のフリでもしておけばカムフラージュも完璧です。

まあ実際、美味しいものにあふれているんですけどね。

このお店には富山の郷土料理がこれでもかと豊富に揃ってますが、ただ揃ってるだけでなくて色々楽しめるよう気軽にあれこれ楽しめるセットも充実しています。

では一応茶屋ということで、まずはお茶から始めるとしますかね。

越中おまかせドリンクセット¥1,100

ぼくの中で「大人のカフェ」「大人のモーニングセット」と呼ばれている越中おまかせドリンクセット。まあもちろん朝だけでなく一日中頼めちゃうんですけどね。

で、せっかく大人のカフェに来てみたんだし、ノマドとやらもやってみたいじゃん?

大人のモーニングなどいただきながら、優雅になノマンディングにチャレンジング!

まあこのブログの記事を執筆してみようってことなんですけどね。

画像は予め自宅で加工しアップロードしておいて、文章はすべて外で書くという初の試みです。

富山の郷土料理に舌鼓。朝から飲む発酵麦ソーダ茶は最高ですねえ。

1人ならこれを頼んでおけばまず間違いないという人気のセットです。

刺し身の内容はもちろん季節やその日によっても変わります。豊かな水産資源に恵まれた富山に感謝ですね。

シースーまでベーターできるなんて今日はラッキーだな。

小鉢や煮物の内容もその日によって異なりますが、この日はぶり大根。

うーん、こんなのを出された日にゃ・・・

日本酒に走らざるを得なくなるのは至極当然のこと。

朝マボタキと洒落込んで、俄然筆の勢いが増していく。(気のせいかも)

う~ん、何かこうちょこっとつまめるものがあるといいかなあ。

ということでタブレットを眺めていると、このときの気分にぴったりなものがありましたよ。

どじょうの唐揚げ ¥500

どぜうといえばスーパーでピチピチと元気に飛び跳ねるものは見かけますが、あまり飲食店では見ないような?

このほろ苦さ、味わい、衣のサックリ感がたまらないですね。レモンをかけたらまたルービーが飲みたくなっちゃうぞ!

壁をよく見てみると、タブレットにはないメニューもちらほら。

1人飲みにぴったりなものばかりじゃないか。

自家製の白菜漬け 300円

ああ、これめっちゃ好きなやつだ。絶妙な浸かり具合でいくらでも食べれちゃう。

漬物をちゃんとお店で漬けるお店はいいお店と相場が決まっているのです。

いやあ~大人のモーニングは本当最高だったなあ。執筆もギリギリ捗って、無事に一本書き終えることが出来ました。

まさに良き一日は良き朝食からはじまるのです。

 

ちなみにこの後の流れですが、もちろんこうならざるを得ませんでした。

 

お昼のランチに

 

3時のおやつ

文明堂でなくて申し訳ありませんでしたが、ここで唐突に飲みのメリットとデメリットを考えてみました。

朝飲みのメリット
  • 一日中ずっと飲みまくっていられる
  • 時間の流れがゆっくりに感じられる
  • 人が飲んでいないときに飲む酒はうまい

そんだけ?他にももっとあるだろう・・・

うーん・・・ないか

朝飲みのデメリット
  • その日は車の運転ができなくなる
  • ていうか1日中ダメ人間になる
  • 家族や配偶者に冷ややかな目で見られる
  • 調子こいてハシゴしまくると結構お金がかかる

これが現実・・・

まあ何事も程々が肝心ということですかね。いくら朝飲みが楽しくても時々にとどめておいたほうがいいのかもしれません。

純喫茶ツタヤ

朝飲みに関していえば、富山市堤町通りに「純喫茶ツタヤ」という老舗の喫茶店があります。

朝7時からオープンしているのですが、こちらのお店はモノホンのモーニングもありながらアルコールドリンクもちょいちょいあったりして、朝飲み勢にもオススメできるお店かと。

中でも「アイリッシュコーヒー」は「そんな、朝からお酒なんて・・・」と恥ずかしがるシャイな紳士淑女にこそ飲んでいただきたい。

何を隠そうアイリッシュコーヒーとはアイリッシュ・ウイスキーをベースとしたカクテルのことで、砂糖・生クリームが入ったホットなアルコール飲料であります。

名前も見た目もコーヒー的な何かにしか見えないので、抜群のカムフラージュ性が保たれています。

【純喫茶ツタヤ】開業95年!富山で一番歴史のある喫茶店

まとめ

今回の記事は朝飲みというテーマでしたが、越中茶屋は富山のうまいものがいっぱい集まったお店なので、どの時間に行っても楽しめるお店です。

以前は朝活以外にもゼロ次会にも利用させていただきましたし、様々なシーンでお役に立つのではないかと思います。

とやマルシェ内にはこのお店以外にも「とやま方舟」や「すし玉」など強力なライヴァル店があり、さらにすぐ向かいにはのれん横丁もできたりして時代はまさに群雄割拠の様相を呈しています。

昼間っから飲みたいときは富山駅前に、朝からしっぽりと飲みたいときは越中茶屋へぜひどうぞ!

海幸山幸 越中茶屋

住所:富山市明輪町1-220とやマルシェ内

電話:076-441-9008

営業時間:

平日祝11:00~21:00(LO 20:30)
土日  8:30~21:00(LO 20:30)

定休日:なし

webサイト

4 COMMENTS

とやまろ

初めまして。自分も街中で朝飲みできるところを探し歩いたことがあります。自分の場合朝6〜7時頃駅前であいてるとこないかと探したのですが、6時からのめるのは吉野家しかなかったですね。あと7時からマリエのプロントぐらいでした。どちらも生ビールを注文した時の店員の人の「えっ?」という顔が忘れられないです☺️

返信する
あるのん

とやまろさん、こんにちは。
チェーン店でも富山では朝から飲む人は珍しかったのでしょうね。
高岡駅前に「 麺屋喰音」という餃子専門店があるのですが、そちらも朝6時から営業されているようです。生ビール・チューハイ・ハイボールなどが300円とお得です。

返信する
匿名

お疲れ様です☺️有益な情報ありがとうございます。高岡にそんな朝早い店があったとは‥休み前に高岡に泊まって朝風呂してから繰り出したい気持ちになってきました(笑)

返信する
あるのん

どうも、こんにちは。
朝6時からの店飲みはぼくも未体験ですが、なんかめっちゃ最高な予感しかしません(語彙力)

返信する

とやまろ へ返信する コメントをキャンセル