グルメマップ一覧

思い出のホタルイカ料理『ホタルイカのチーズフォンデュ』の再現に挑む!

こんにちは、富山人あるのんです。

3月1日からホタルイカ漁が解禁されて今が旬のホタルイカですが、悲しいことに超絶不漁スタートとなってしましました。


画像出典:ANNニュース

解禁初日の漁獲量がひと箱にも満たない1.5kgとは・・・

このわずかなホタルイカが果たしてどこに出荷されるのか気になりませんか?

富山の魚業界に詳しいTきちさんにお話を伺ってみました。

どんなに安く出回ってもスーパーで並んだらキロ15000、1匹8gと1匹120円、10匹パックで1280円×税なのでスーパーで買う人は皆無と思われます。

獲れないから高いのは分かるのですがではなぜこの値段がついて売れているかというと、この希少なホタルイカは東京の築地に流れており最終的な着先が東京の帝国ホテルだそうです。

獲れてないならまだしも少しでも獲れているなら超一流ホテルが旬の物を用意出来ないわけがない、というプライドなんでしょうね。

帝国ホテル・・・

あるところにはあるというやつか。

ちなみに13日時点でもキロ5,000円という高値がつけられているそうです。

思い出のホタルイカ料理

さて、ではそのホタルイカですが、皆さんはどのようにして食べるのが好きですか?

まずは酢みそ和えが鉄板ですよね。パスタの具材にも人気だし、シーズン中はもちろん刺身も食べたい。

ちょっとレアだけど昆布締めもいいですね。お土産品としては年中購入できる沖漬け素干しも超オススメですよ。

ホタルイカは様々な食べ方があってどれもそれぞれに魅力がありますが、今回の記事で取り上げるのは恐らくレア中のレアであろう『ホタルイカのチーズフォンデュ』をご紹介させていただきます。

ホタルイカのチーズフォンデュについてですが、昔とある居酒屋の特別な飲み会で出していただいたことがありまして、それは普段のメニューにはない料理でした。

多分店主の遊び心かチャレンジ精神の賜物によって生まれた産物であるように思うのですが、その飲み会以降はどこのどんなお店に行ってもホタルイカのチーズフォンデュなるメニューを見かけることはありませんでした。

では今から、ぼくの思い出と憧れであるホタルイカのチーズフォンデュの再現に挑戦していきたいと思います。

県外産ホタルイカと県内産ホタルイカの比較

兵庫産は398円ほどです。多分これは例年通りの価格ではないでしょうか。

ではお次に新港産を見てみましょう。

ボイルが2,138円!!?

生が1,465円!!!?・・・んなアホな!!!

これでは一般家庭の食卓には不向きといわざるを得ませんね。

まあ、両方買ったけどね・・・

新湊産のほうが身が大きく、茹でたてはやはりうまい!・・・けど、この値段の差ほどの恩恵があるのかと言われるとねえ・・・

旬の味を何より楽しみにしている人にとってはいいものだと思いますが。

いよいよチーズフォンデュを!

レンジ用のチーズフォンデュをスーパーで買ってきました。

たっぷり200g入って400円ほど。これはお手軽!!

容器に移しラップして600Wなら約2分間レンチンします。

ここで一つ言いたいことがあるとするならば、500Wの場合の時間も書いといてほしいのん・・・

せっかくなので陶器の皿に入れてレンチンしました。

ホタルイカチーズフォンデュ(既製品)

いよいよ待ちに待ったホタルイカチーズフォンデュとのご対面。

想い出のはるかなメモリーがいっぱいで大人の階段を昇ってしまいそうです。

チーズをありったけに絡め、厳かに口へ運んでみると・・・

 

あれ・・・おいしくねえ・・・

 

なんということでしょう。

なんとなく期待していた味と全然違っていました。見た目ねろ~~んとしていかにも美味しそうな雰囲気ですが、味はチーズ感に乏しく味も全体的にちょっと足りない感じ。

うーん、やはり既製品に頼ろうとしたのが間違いだったか。

白子チーズフォンデュ(既成品)

ホタルイカばりにいけるんじゃないかと睨んでいた真鱈の白子でしたが、やはりチーズの味がアレなので微妙な感じに。

ホタルイカマヨ

思い描いていたようなバラ色の味ではなくて頭を抱えていたところ、視界にマヨネーズが飛び込んできました。

あるのん

ん・・・?マヨネーズって酢が入ってるよな・・・あ、もしや!

 

酢みそ和えがいけるならマヨネーズもいけるんじゃ!?

 

マヨの酸味やマヨのコクが、ホタルイカの内臓の深みある味をさっぱりさせると同時により味を引き立てています。

想像通り、これはバッチリ合いました!

子どもには酢みそよりも、むしろこっちのほうが親しみやすいのではないかと思いますね。

白子マヨ

まあ想像通りの味というか。

悪いってことはないけど、あえてこれで食べるほどではない感じかな。

チーズフォンデュ(既製品)総括

見た目にはとろ~りとしておいしそうなチーズフォンデュでしたが、安いからなのか味の方は正直微妙な感じでした。

けど、これにさらに追いチーズなどすれば、きっと見違えるように美味しくなるのではないかとも思います。

とりあえずこの日試した食べ方では、ホタルイカマヨが一番美味しかったです。

 

はあぁ・・・

 

満を持してチーズフォンデュを試してみたら、一番うまかったのがマヨネーズってそりゃちょっとあんまりじゃないか・・・

 

やはり既製品に頼ったのが甘えだったか。

 

こうなったら、もう後には引けねえ!!!

 

 

ならば、チーズフォンデュを自作しようではないか!!

 

煮きった白ワインに、生クリーム、コンソメスープを足していき、フォンドボーでコクを出し、チーズはピザやグラタン用のとろけるチーズとコクのあるパルメザン粉チーズの2種類を投入。

最後にコーンスターチでとろみをつけて完成。これで勝つる!!

焦がさないよう慎重に、慎重に・・・

さあ、今回はどやっ!!?

 

※レシピは以下のサイトを参考にしました
家でできるチーズフォンデュのレシピを、チーズ専門店が大公開!

ホタルイカチーズフォンデュ(自作)

ぬおおおおお!!!!?

前回のようににゅ~~んって感じのとろみではないけど、味はすごぶるいいではないか!!!

白ワインから出たほどよい酸味、コンソメスプとフォンドボーのコク、生クリームのなめらかさ。そして濃厚なチーズの味が渾然一体となってホタルイカを包み込む!!

白子チーズフォンデュ(自作)

そして、このチーズは白子にも素晴らしくよく合った!!

思ったとおり、白子のチーズフォンデュもめっちゃいけました!

ホタルイカ燻製

ついでに、ボイル済のホタルイカをそのまま燻製にしてみました。

燻製によって得られた香ばしさがさらなる野趣味を増幅させ、いつもの食べ慣れた春の味覚が、まるで片思いの彼の意外な裏の顔を知ってしまったかのような、ワイルドな風貌の味となりました。

ホタルイカ燻製マヨ

うーん、マヨの味が負けている・・・

ホタルイカのボイルとマヨはいい味のバランスでしたが、ホタルイカ燻製とマヨではバランスの釣り合いが取れていませんでした。

ホタルイカ燻製チーズフォンデュ(自作)

チーズをたっぷり絡めると・・・

燻製の個性の強さにチーズが全然負けてない!お互いに個性の強い味ではありますが、これがケンカせずにそれぞれの味が楽しめます。

しかし!味としてはおいしいとは思いますが、これをリピートしたいかと問われるとちょっと微妙かなあと。もううちょっと燻製を弱くすればピースがピッタリ合うこともあるかもかもしれないけど。

白子燻製チーズフォンデュ

コイツどんだけ白子好きなんよとツッコまれそうですが、今回のやっちまった系がこれになります。

悪くはない・・・悪くはないけど、別に白子は無理に燻製にしなくてもいいかな・・・

白子ブロガーを密かに目論んでいたあるのん氏、涙の撤退。

チーズフォンデュ(自作)総括

チーズフォンデュを自分で作ってみたら見違えるようなおいしさになりました。

富山産のホタルイカは現在高価ですが県外産なら例年通りの価格で購入できますし、チーズフォンデュの材料も安くはないですが材料をそれぞれ足して混ぜていくだけなのでそれほど難しいものではありません。

ホタルイカはいつもの食べ方ももちろんいいものですが、このチーズフォンデュは実に新鮮で気持ちが楽しくなること請け合いなので、皆さんもぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

お子さんもきっと楽しみながら食べてくれることでしょう。

最後になりますが、それでも昔お店食べたホタルイカのチーズフォンデュのほうがおいしかったように思います。

まあそりゃあプロですからねえ・・・

 

というわけで富山の飲食店さん、ぜひホタルイカのチーズフォンデュを出してみませんか?

 

今年の富山産はお店で出せる値段ではないだろうけど・・・

2 COMMENTS

つばさ

初めてコメントします岐阜県人です。
3月8日に岩瀬浜で16杯だけ捕れました。
イカより人が多い(笑)
ホタルイカは個人的に天ぷらが一番好きです。
チーズフォンデュならチーズにこだわってみては?
本場ではグリュイエール、エメンタールを使います。
スイスではトマトジュースを入れるアレンジもあるみたいです。

長々と失礼しました。
よく参考にさせて頂いてます☆

返信する
あるのん

つばささん、こんにちは。
岐阜からようこそ富山へ!
ぼくはこれまでに10回以上は行ってますが、5~6杯がこれまでの最高記録です・・・16杯も捕れたのなら羨ましいくらいです(笑)

グリュイエールもエメンタールも初めて聞く名前でしたが、なるほど・・・本場ではこのようなチーズを使うのですね。どうりでいまいちとろけないわけでした(笑)
今年リベンジ出来るかどうかはわかりませんが、生ホタルイカが安く買えるときにまたチャレンジしてみようかなと思います!

返信する

コメントを残す