【中華レストラン大三元】サービスランチが真に出血大サービスすぎる件

こんにちは、富山人あるのんです。

立山町草野のショッピングセンターナビオはたまに利用していただけに、昨年の閉店の知らせには軽くショックを受けたものです。

その後を追うようにナビオ敷地内の本屋、カーマ、道を挟んだ向かいの久亭までが閉店してしまいました。

そのすぐ近くにはかつて漫画喫茶やユニーもあり(ユニーはさすがに古すぎるか)、その道を通るたびに今でも胸が締めつけられるような気持ちになります。

そんな閉店ラッシュが続いた立山町草野エリアですが、50年もの歴史がある中華料理店『中華レストラン 大三元』は今もなお健在です。

ずいぶん久しぶりとなる訪問です。たぶん20年ぶりくらいでしょうかね。

このお店のランチタイム時は常に車でいっぱいです。

お店の前には18台ほど停められるスペースがあるのですが、奥にも駐車場があるので停められないということは多分ないと思います。

ランチタイムの人気の秘密は、選べるサービスランチにあります。

なんと、ランチの種類は5種類の中から選べるという選択肢の広さ!

そして、ラーメンもチャーハンもギョーザもミニではなくレギュラーサイズですからね。

950円という価格は、まさに大出血サービス以外の何ものでもありませんね。貧血など起こされぬよう、しっかりレバニラ炒めを食べていただきたいところです。

※平日限定・11:00~14:00まで

では何を食べようかな。ここはやっぱ一番人気の(と思われる)Aセットに決めたああ!!

Aセット 950円

うほーっ!これはすごいですねえ~

白!

発ッ!!

中ッッ!!!!

まさに役満級の大三元ランチ。

ここまでガッツリ食べられる中華のランチセットって、富山じゃそうそうないですよ。

こんなに食べたら午後からの仕事に差し支えそう・・・などという心配は実際に差し支えてから考えることにします。

ラーメン

スープはあっさり味ですが飲み飽きないうまさがあり、丁寧な仕事っぷりを感じさせます。

麺は細めの縮れ麺。スープによく絡むので、ズズズッと軽やかにおいしくいただけます。

チャーハン

ちょっと白っぽくてあっさり味のチャーハン。

一般的なチャーハンのイメージからするとハーフ・アンド・ハーフ的な印象のチャーハンですが、白米に近い感覚で食べられるチャーハンでした。

ご飯はぱらぱらとした感じではなかったですが、そこは人それぞれの好みがありますからね。

ギョーザ

皮の上はパリパリ、下はもちもち、中にはいっぱい具が詰まっていて、とってもおいしいギョーザです。

野菜と挽肉がたっぷり入っています。

いやあ、このランチには大満足でした。なにしろメニューが5種類もあるので、ちょくちょく来ても食べ飽きないだろうし、この満腹感はもうアフタヌーンのワークなんかどうでもよくなること請け合いですよ。

グランドメニュー

メニューには麺類、飯類、一品料理が並びます。

品数は多い方ではないものの、どれもツボを心得たメニューばかり。黄金色に輝くビールが眩しい・・・

しかしメニューをよく見ると、単品のラーメンの値段が700円となっているではありませんか。かつては500円台だったのに・・・これも時代の流れということでしょうか。

大盛りが200円増しとか、ライス小が200円とか、なかなか強気な価格設定のように思いました。

それだけにサービスランチのお得さが光るというものですが。

中華レストラン大三元 まとめ

40席ほどある広い店内ですが、ランチタイム時は常に満席じゃないかと思うほど多くの人で賑わっています。

このサービスランチの内容なら納得というものですね。

閉店ラッシュが続いた草野エリアでしたが、いいお店にはちゃんとお客さんが集まるということなのでしょう。逆もまたしかりですが。

よし、んじゃ次はDセットの天津飯にしよっと。いつになるかわからんけども。

中華レストラン 大三元

住所:富山県中新川郡立山町草野158

電話:076-463-3873

営業時間:11:00~14:30 17:00~20:00

定休日:木曜日

コメントを残す