【ドライフリット】究極のスナック菓子!?プレミアムスナックを食べてみた

こんにちは、富山人あるのんです。

マリエとやまに超期間限定で「AND THE FRIET」なるお店がオープンしていたので立ち寄ってみました。

このお店は素材や製法にとことんこだわるフレンチフライ専門店で、東京に7店舗、名古屋に1店舗あります。

今回ご紹介するのは店舗で調理された揚げたてのものではなく、店舗や通販などで購入できる「ドライフリット」というスナック菓子です。

ドライフリット

AND THE FRIET

マリエとやま1Fでの販売は1/31まで

ドライフリットは、プレミアムソルト・チェダーチーズバルサミコ アンド ペッパーハニーソルト アンド バターアンチョビ アンド ガーリックなど様々なフレーバーがありますが、中でも注目の1番人気と2番人気は「確かにそうだろうな」と思わずにいられない魅惑的なフレーバーです。

2番人気

アンチョビ アンド ガーリック

1番人気

黒トリュフソルト

ミーハーなあるのん氏ですので、ここはもちろん1番人気の黒トリュフ塩にしてみました。

価格はどのフレーバーも450円(税込)となっております。

2つ買おうかどうかめっちゃ迷ったのですが、「2つで900円もするのか・・・」と思ってしまうと財布の紐は緩くはならなかった・・・

ドライフリットを食べてみた

パッケージ

 

うーん・・・ なんだか働いたら負けな気がしてくるパッケージですが、さっそくお皿に移してみることにしましょう。

 

 

・・・すっくな!!

 

1袋あたり60gとなってますので、スーパーで安売りしてるポテチと同じ量ということになりますね。

これで450円というのはかなりお高く感じられますが、さあ果たしてどんなお味なのやら。頼むぜ・・・!

裏ラベル

製品のこだわりポイント
  1. ベルギーから取り寄せたビンチェ種は品種登録から100年以上愛されてきた人気の品種
  2. 芋1kgから出来るドライフリットはわずか250g
  3. 真空状態のフライヤーでじっくり加工し、2度揚げすることで水分を抜き味を凝縮させる
  4. 専門の機械と人間の目で製品の出来を徹底的にチェック

ほほー、これは期待できそうですな~!

 

 

試しに本数を数えてみたところ23個入ってました。450円ということは1本あたり約19円ほどということになりますね。

 

鼻を近づけて匂いを嗅いでみたところ、微かにトリュフの香りがします。

では、いただきまあす!!

 

・・・バリーーッ!!!

 

ぬおっ!!何という歯ごたえか!

思わずシャウエッセンのCMもハンケチをかみかみするであろう軽快なサウンドが周囲に響き渡ります。

見た目にはじゃがビーやじゃがポックルのようですが、歯ごたえの爽快感はこれらのものと比較しても抜きん出ていると言っていいでしょう。

そして、味も良い。

バリッとした外側の食感に反比例するかのように、中は水分という水分が抜けきってふんわりしているのが感じられます。

さらに、じゃがいもの旨味の凝縮感、黒トリュフの食欲を誘う香り、ほどよい塩っけのバランス感が絶妙で、19円・・・19円・・・とつぶやきながら口の中へ忙しそうに運ばれていきます。

総評

確かに安い買い物ではないですが、一部では「究極のスナック菓子」とも囁かれているようなので、一度食べてみる価値はあると思いますよ。

贈り物としてもいいと思いますね。何しろ珍しいし高級感があるので、かなり喜ばれるのではないでしょうか。

なんなら色んな種類が入ったギフトセットもあるので、贈り物や自分用に通販で買ってみるのも良さそうですね。

皆さんもぜひ、この心地よい美味しいサウンドを周囲に響かせてみてくださいね。

コメントを残す