【ふうふう亭】富山市赤田の名物『みそたんめん』の味にうなる

こんにちは、富山人あるのんです。

今回は久々の訪問となる懐かしいお店に行ってきました。

富山市赤田にあるラーメン店『ふうふう亭』です。

赤田の大阪屋の横にあるので、なかなか目立つ立地にあるといえるのではないでしょうか。駐車場はわりかし広めで15台ほど停められるようになっています。

ファミリー層を意識した店舗外観がどことなくチェーン店っぽさを感じますが、れっきとした由緒正しい個人店であります。

このお店は密かにファンの多いお店なのですよ。

ふうふう亭

店内は小奇麗で清潔感があり、座席はカウンター9席、テーブル4人がけ×3、2人がけ×1、それとお座敷があります。

このときの訪問は3時くらいだったのですが、それでもお客さんはぽつりぽつりといました。

ラーメン店で中休みがないというのはかなりありがたいお店ではないでしょうか。

ふうふう亭 メニュー

ライス(並)200円
ライス(小)150円
おにぎり(手黒とろろ1ヶ)150円
おにぎり(手黒とろろ2ヶ)290円
カレーライス600円
カレーライス(大盛り)720円
中華丼750円
中華丼(大盛り)890円
麻婆丼780円
麻婆丼(大盛り)900円
餃子300円
春巻き(1本)100円
春巻き(2本)190円
鶏唐揚げ490円
麻婆皿600円
ちゃーしゅー盛り500円

ラーメンの種類こそ多いものの、その他のメニューは厳選されたメニューだけがあるといった感じで、直感的に選びやすくなっているのではないでしょうか。

さあてと、じゃどのメニューにしようかな。

・・・な~んて、ふうふう亭といえばやっぱあれですよ。てかそれしか食べたことない!(笑)

みそたんめん 720円

「ジャーッ!ジャーッ!」と軽快に野菜を炒めるサウンドが、ぼくのセンシティブな胃袋を刺激します。

この見た目でうまくないはずがない!

みーんな大好き、味噌ラーメンとタンメンをかけ合わせたハイブリッドラーメン・・・と見せかけて、実は味噌チャンポン的なラーメンという。コーンがデフォで乗ってるあたりは札幌ラーメンっぽいです。

具の野菜がたっぷりすぎて、なかなか麺にたどり着けないじゃないか!(嬉しい)

このスープが超あっつあつ!

これはやっぱ夏場でもチンチンに(方言)してくれないとね。

この味噌と麺はわざわざ北海道から取り寄せているもので、クッキリとした味噌のコクと野菜からにじみ出る優しい甘みのスープがたまりませんよ。

札幌ラーメンを思わせる多加水麺ながら、加水率の高さは程々のバランスでこれがよくスープに絡んでくれるのですよ。

舌触りもなめらかで、スープ→野菜→麺→(以下ふりだしに戻る)と食べ進めていく幸せを噛み締めながら、毎回スープの残り一滴まで飲み干してしまうのです。

ふうふう亭 まとめ

次こそあのラーメンも食べたい!と思いつつ、毎度味噌ラーメンを食べてしまう一途なぼく。

次回こそちょっとくらい浮気してもいいよね?・・・と言いつつきっと次回もみそたんめんになることでしょう。

噂では麻婆豆腐もおいしいということを小耳に挟みましたが、そこはなんとなくみそたんめん大盛りで回避してしまいそうな気がしています。

このみそたんめんが罪なのか、みそたんめんに集中したい保守派あるのんがヘタレなのか、次回みそたんめんを食べながらじっくり考えてみたいと思います。

ふうふう亭

住所:富山県富山市赤田736-1

電話:076-424-2152

営業時間:11:00~23:00(LO22:30)

定休日:木曜日

コメントを残す