グルメマップ一覧

【赤裸々レビュー】富山カラーラーメンの最終形態「富山ゴールドラーメン」を食す

こんにちは、富山人あるのんです。

富山のご当地ラーメンといえば「富山ブラックラーメン」が有名ですが、その知名度にあやかった様々なご当地カラーラーメンが富山県内に登場しています。

 

  • 富山ブラックラーメン
  • 高岡グリーンラーメン
  • おやべホワイトラーメン
  • 入善ブラウンラーメン
  • 入善レッドラーメン

ここらでユーチューバーあたりが『越中戦隊ガンジャーV』とかシャレでやったら意外とウケるかもしれません。ぼくはやりませんが。

富山カラーラーメンはさらにこの他にもあったりしますが、これらの知名度はわりとあるものの富山ブラックラーメン以外は食べたことはないという人も多いのではないでしょうか。

ということで今回の記事では、富山の並み居るカラーラーメンを全力で終わらせにきたかもしれない「富山ゴールドラーメン」をご紹介したいと思います。

富山ゴールドラーメン

これまでの富山カラーラーメンを男塾四天王に見立てるならば、富山ゴールドラーメンは高校3年生のまま10年間君臨し続ける大豪院邪鬼先輩といえるのではないでしょうか。


画像引用:魁男塾の大豪院邪鬼パイセン

その貴重なラーメンが食べられるお店は、滑川市にある北陸自動車道の有磯海サービスエリア(上り)。有磯海は魚津市にもあるので注意が必要です。(こっちは下り)

有磯海はいずれも下道から行けるので、必ずしも高速道路に乗る必要はありません。

施設の真裏には一般道用の駐車場もバッチリあります。

食事だけでもレストラン・フードコート・テイクアウト専門の売店があり、富山の特産品も充実しているので見ているだけでも楽しくなるところです。

今回用があるのはこちらの24時間営業のフードコート。富山で24時間やってる飲食店って牛丼チェーンとジョイフルくらいしか思いつかないので、これはなかなか貴重ですよ。

メニュー(麺類)

丼ものや定食メニューもありますが、今回は麺メニューのみの記載です。

まず最新式っぽい券売機で食券を購入しましょう。

ボタンがいっぱいある券売機は少々身構えてしまいますが、タッチパネル式ならわりと安心ですよね。

食券を購入すると自動的にオーダーが入るシステムです。

別に2杯頼んだわけじゃありませんからご安心を。

富山ゴールドラーメン 800円

こ、これは・・・・・・

う~ん、確かに・・・!!

これは確かにゴールドの名に偽りはなさそうですね。エビの香ばしい匂いがふんわり漂ってきますよ。

ではいよいよ、その者赤きレンゲをまといて金色の野に降り立つべし。

ラン、ランララ ランランラン♪

えび味噌を使ってるということでエビの香ばしさがいいですね。

しかし・・・ 残念ながらスープそのものに奥行きが感じられません。ベースは一応とんこつなのかな?と思って調べてみると白湯スープとのことでした。

説明には「白湯スープをベースに、魚介エキス(エビ、カニ)で仕上げたマイルドなスープです。」とありましたが、どちらにしても出汁に動物性の風味が弱く、業務用スープにエビなどの魚介エキスを足したような印象です。

とてもやわらかな麺で、咀嚼時のニチャッとした食感もまさに業務用スタイル。

SAクオリティと言ってしまえばそれまでなんですが、でも800円ってわりといいお値段ですからねえ。

まあお値段が高めなのもSAクオリティと言ってしまえばそれまでですが。

左のほうが最初球体に見えて、里芋?と思ったのは内緒です。

チャーシューはホッとするような懐かしげな味。

ぜんぜん関係ないけど、王蟲の肉ってどんな味がするんだろうか。

ゴールドラーメン まとめ

ゴールドラーメンそのものの発想はとてもいいと思うんですが、インパクトだけで終わらせずにもっとちゃんと作り込めば化けるのでは?と思うだけにちょっともったいないなと感じた次第です。

発訪の人はとりあえず1番人気の「富山ブラックラーメン」にしておけば間違いないと思いますが、SNSでドヤりたい人や他では食べられないものが食べたいという人にはゴールドラーメンはおすすめといえるでしょう。

食後にはやたら親しみを感じる富山弁グッズを眺めるのもおすすめです。

ぼくにもだいてほしい・・・

有磯海サービスエリア(上り:新潟方面)

住所:富山県滑川市栗山字松ヶ窪2913-10
電話:076-471-2601
営業時間:24時間営業
定休日:なし

コメントを残す