【実食レポ】八村選手おすすめ!カップヌードル氷見カレー

こんにちは、富山人あるのんです。

八村塁選手といえば富山が生んだNBAのスター選手。その八村選手が「ぼくの商品つくってほしいな」という一言から開発がスタートし、発売された商品があります。

それはNISSINより7月12日から発売が開始された八村 塁 (はちむら るい) おすすめ! 富山県のB級グルメを「カップヌードル」で!カップヌードル 氷見 (ひみ) カレー ビッグという長い商品名で、既に食べたという人もきっと多いことでしょう。

いやぁしかし、「ぼくの商品つくってほしいな」でこのような商品が出来てしまうなんてすごいことですよね。

もしぼくが「ぼくのカップヌードルをつくってほしいな」などと言おうものなら、「お湯くらい自分で入れろ。カップラーメンも作れねえのか」と罵倒されて涙目になってしまうことでしょう。

八村選手といえば思い出すのが、手招きしながら「ルイ!ルイ!」・・・ではなくて、彼が所属していた富山市奥田中学校とはバスケで試合したことが太古の昔にあったんですよ。

まあ彼らも頑張ってましたけどね。ふふ、ぼくらボロ負けでしたけども・・・

氷見カレーとは?

八村塁といえば富山。

では富山らしいものをヌードルにしようと企画しようとしたとき、果たしてどんなフレーバーにするべきか。

多分富山ブラックラーメンは絶対候補に上がったと思いますし、なんなら富山カラーラーメンもノミネートされたんじゃないかと思っていますが、正解はまさかの氷見カレーラーメンでした。

※富山カラーラーメン=富山ブラックの知名度にあやかって、県内では高岡グリーンラーメン、入善ブラウンラーメン、おやべホワイトラーメン、富山ゴールドラーメン、さらにはイエロー・桃色・グレーなどもあり、既に戦隊モノを超えてクレヨンでも目指してるのかしらと思わずにはいられない昨今であります。

MEMO 氷見カレーとは?

氷見カレーの定義は「氷見産煮干しを使うこと」のみであり、特にカレーライスである必要はなく、お店によってはカレーうどんだったり、カレーラーメンだったり、カレーハンバーグだったり、カレー唐揚げだったりと様々。

氷見カレーのオフィシャルな提供店は現在8店舗あります。

実食レポ

蓋の上に「氷見産煮干しパウダー」があるので、食べる直前に忘れずに投入しましょう。

カレーのいい香りが漂ってきます。富山由来のカップヌードルということであれば、お湯にはちゃんと富山のおいしいと評判の普通の水道水を使用する他ありません。


・・・ 3分後 ・・・


ウホッ、いい匂い

カレーヌードルってカレーがスープに溶けにくいイメージですが、やはりこの商品も溶けにくいようでフライングして早めにじっくりとかき混ぜる作戦。

ではいただきます!!

まずは煮干しを入れないで普通に食べてみます。うん、色の濃さほどには強すぎないカレー要素。カレーなんだけど意外とまろやかで食べやすい味になっていて、ほんのり辛い感じ。

煮干しを入れることを入れることを考慮した味の設計になっているのでしょうね。

麺はカレーに絡みやすいように少し太めになっています。

氷見産煮干しパウダー投入

煮干しパウダーの袋をくんかくんかしてみたところ、骨太な煮干しの香りが鼻孔を刺激してきやがります。

氷見といえば全国区のブランドである「寒ぶり」が有名ですが、氷見漁港は富山湾随一の水揚げを誇り、その豊富な水産資源は氷見市民のアイデンティティでもあります。

で、肝心の味ですが・・・

煮干しパウダーを全体にかき混ぜたところ、煮干し感があまり感じられなくなりました。

もちろん味が全くしないというわけではないんですが、あの存在感のある煮干しパウダーもカレーのスパイスの一部として溶け込んでしまわれたようです。恐るべしはカレーといったところでしょうか。

意外とパンチはないけど普通にうまい的な感じです。

ちょい足しアレンジ

何の天啓か、ちょい足しアレンジを思いつきました。

そう、それは

当然にして必然の煮干し粉!!

意識高い系ブロガーあるのん氏、追いニボによってさらなる尿酸値の高みを目指します。

この煮干し粉は氷見産どころか富山産でもなさそうですが、作ってる会社は富山なのでセーフ。

勢いよくドサーッと入れてみたところ・・・

うおおおお!?

煮干し粉ってけっこう複雑な味がすると思うんですけど、意外とカレーが勝ったままで魚臭さが強まったくらい。

さらに煮干し粉を足してみた。

カレー味は余裕の笑みを浮かべ、より魚臭さのみを排出してきやがりました。

ここまで足してもまだスパイスの一部にしてしまうとは、カレー・・・恐ろしい子。

さらに終盤「これも合いそう」と思ってなんとなく投入してみた花椒(ホアジャオ)。

やはり、これもカレーのスパイスの一部にされてしまいました。ホアジャオ感薄らぎすぎ!

まとめ

食べる前はどんな味かまったく想像つきませんでしたが、食べてみるとやはりNISSINらしいというかバランスよく仕上げてきたなという印象です。

これが逆に「セメント系煮干し超辛とんこつダンクヌードル」くらいまで悪ノリしてしまい、八村塁選手のイメージに影響が出ちゃうとスポンサーとしてもよろしくないでしょうしね。

でも八村塁選手と、彼の故郷である富山を絡めた氷見和風だしカレーというアイデアは素晴らしいものだと思うし、味もクセがなく誰にでも楽しめる味になっているので、ぜひ一度食べてみてはいかがでしょうか。

ちなみに「この商品には8人の八村選手がいます」とパッケージに書いてありますが、ぼくはどう目を凝らしても目を細くしても7人までしか見つけることができませんでした。

幻の8人目はこの記事を見てくれた人に託します。なくなり次第販売終了なので急いで買いに行きましょう~!

商品名カップヌードル 氷見カレー ビッグ
内容量108g (麺80g)
JANコード4902105267868
ITFコード14902105267865
食数 / 荷姿1ケース12食入
希望小売価格220円 (1食/税別)
発売日2021年7月12日(月)
発売地区全国
販売期間期間限定(売り切れるまで)

6 COMMENTS

おいぬ

こんにちは
先ほどこの記事を見て昼食にかってきました。
八人目の八村選手は買って食べた人にしか分からないところに隠れていましたよ。

返信する

コメントを残す