富山のテイクアウトまとめ

【HIRO’】飛騨市古川町で人気の独創的なラーメンを食べてみた

こんにちは、富山人あるのんです。

先日、岐阜県飛騨市古川町の飲食店に立ち寄ってきましたので、今回ご紹介させていただきたいと思います。

そのお店の店主は、過去に様々な料理店で経験を積まれています。

 

  • 大学時代に中華料理店でバイト
  • 都内の老舗フレンチで4年
  • イタリアンレストランで3年
  • 韓国料理を基本とした和洋中レストランで1年
  • ビストロ居酒屋で店長兼料理長を6年
  • 地元イタリアンレストランで2年

これだけ料理人として実績豊富な人がお店を出すとしたとき、それは果たしていったいどんなお店になるのでしょうか。

まあ記事タイトルでめっちゃネタバレしてますが、それは「ラーメン HIRO’」(ヒロダッシュ)というお店であります。

ラーメンHIRO’

お店の場所は飛騨古川駅から車で5分ほどの距離にあります。駐車場はけっこう大きくて15台とめられます。

外観は洋食店とか喫茶店の雰囲気っぽいですよね。

ところが中は・・・

やはり洋食店っぽい素敵な雰囲気のお店でした。

女性や女性同士だけのお客さんもわりといて、ラーメンを食べに行くという敷居が限りなく撤去されている感じです。

座席数は30席あり、お座敷はありません。店内は全席禁煙となっていますが、外には灰皿があります。

メニュー

ラーメンメニューがなかなか個性的ではありませんか。

醤油・塩・味噌というラーメン御三家もきっちり抑えながら、数種類あるトマトラーメン・とり塩あおさ海苔・担々麺・台湾ラーメン・各種つけめんやまぜそばなど、個性的なラーメンも揃っています。

飛騨のラーメンは「あっさり系の中華そば」が圧倒的に多い中、あえて自分が食べたいラーメンを作りたかったという店主の意気込みが伝わってくるようなメニューではありませんか。

いっぱいメニューがあるので何にするか迷いますが、やはりここでしか食べられないラーメンを食べてみたい。

3種チーズのトマトラーメン 1,100円

数あるトマトラーメンの中でも、どれが一番オススメなのかをお店の人に聞いてみたところ、この3種のチーズのトマトラーメンを推していただきました。

周囲の人が食べているものを観察していたところ、やはりこのトマトラーメンが多かったので看板メニューなのだと思われます。

上から振りかけられている粉っぽいチーズがパルメザンで、ところどころに緑っぽい色の四角いチーズがゴルゴンゾーラ、そしてせんべいのように平たいのがゴーダになります。

これは初めての体験ですよ。

これだけで食べてももちろんおいしいのだけど、細かく割って入れるも交互に食べていくのも自由。スープに浸かってる部分はとろけていました。

辛そうでまったく辛さはなく、トマトのやさしいうま味が口内で静かに広がっていきます。

どちらかというとラーメンのスープと言うよりは洋風のスープのイメージですが、でもちゃんとラーメンのスープとして成り立っているのがすごい。

まあ控えめに申しまして、めっちゃおいしいです。

このスープに3種のチーズを絡めて飲むと深味が増して、軽やかなのにコクがあるというなんとも不思議なおいしさです。

麺は舌触りがつるっとして、食感はぷりっとした中太微縮れ麺。

この繊細なスープにはもうちょっと細い麺のほうが合うのではないかと一瞬思いましたが、この麺にもやはりチーズが絡むのですこぶるいい感じでした。

チャーシューは鶏ハムっぽく柔らかくて、さっぱりとおいしい。

確かにこのラーメンに醤油の味が染みた一般的なチャーシューは合わないと思いますね。

そして周りのお客さんを見てみると、トマトラーメンにタバスコを投入して味変を楽しんでいるではありませんか。

トマトラーメンの静かなる味がタバスコの投入によって、酸味と辛味が加わり情熱的な味へと変貌するのです。

左側はハバネロの一味唐辛子「飛騨の爆弾」。かなり辛い。

チリミートまぜそば 900円

チリミートまぜそば・・・

まさかナポリタンじゃないよね!?という疑惑をほのかに抱きつつ運ばれてきたものはこれでした。

疑ってごめんなさい・・・

なんとゴージャスな一杯でしょうか。

味つけ的にはこれもあっさり系で、チーズやひき肉などの様々な具材によって、うまさをより引き立てています。

まぜそばの麺は太麺。

このまぜそばは、なんだか斬新なパスタ料理を食べている気持ちになります。

ここで飛騨の爆弾を振りかけてみると、パンチの効いた刺激が激辛好きにはたまらない。

タバスコで味変してみると、眼前にはイタリアの青い空が広がっていきます。(行ったことないけど)

パスタ料理をディスるつもりはないんですが、これだけ食べごたえがあっておいしくて900円はパスタ料理と比べてもかなりコスパが高いように思います。

そしてお皿の下に残った汁を飲んでみたら、そこは一応味が濃いのかなと思ったら、最後までさっぱりといいお味でした。

HIRO’ まとめ

店主の洋食経験が長いからか、洋風な味の組み立てには非凡なものを感じさせられました。

油っぽくないのでさっぱり食べられるし、たっぷり食べても胃もたれもしない身体に優しげなラーメンだったので、確かにこのお店なら女性も訪れたくなるというものでしょう。

となると俄然、醤油・塩・味噌ラーメンあたりも気になってくるところ。HIRO’はまたぜひ訪れてみたいと思う魅力あるお店でした。

古川町観光もなかなか楽しいのでちょっとしたドライブにもいいと思いますよ!

【飛騨古川食べ歩き】歴史ある風景のなかで古川町グルメを堪能

店舗情報

HIRO’

住所:岐阜県飛騨市古川町上町864-1 

電話:なし

営業時間:11:30~14:00 17:30~22:00

定休日:月曜日

6 COMMENTS

ゴマちゃん

このトマトラーメン見てるだけでも美味そう
我輩が知っているトマトラーメンはエアーストリームですがまた一味も二味も違うラーメンですね
実は飛騨古川は一度も訪れていなかったのでいつかはトマトラーメンを食べに行ってみよう

返信する
あるのん

ゴマちゃんさん、こんにちは。
とてもおいしかったですよ。タバスコや飛騨の爆弾で味変を狙うと、また新鮮な味わいになり二度楽しめます。
エアーストリームのトマトラーメンとはまた全然違う路線の・・・というか、他では味わったことのないラーメンでした。古川は散策するにもいいところですのでぜひ!

返信する
週末富山人

おおぅ!!
我が地元へようこそ✋
あるのん様、ついに飛騨古川までいらっしゃいましたか…
ちなみにわたしはまだこのお店に行ったことはありませんが…
次回いらした時にはこのお店ゆかりの洋食屋、富山の某居酒屋と親戚関係にあるスーパーにも是非お立ち寄りくださいませ。

返信する
あるのん

週末富山人さん、コメントありがとうございます。
ええ、ついに飛騨古川まで遠征する運びとなりました。
今までも数年に一度は行ってたんですけどね。
どのお店になるのかまったく想像つきませんが、運良く立ち寄れるよう祈っていただけると幸いです(笑)

返信する
ユージ

あるのん信者になって1年以上、毎回楽しく見てます。
来月、下呂温泉に宿泊するので、道中に飛騨古川へ立ち寄り堪能してきます。
タイムリーな話題ありがとうございます。
記事のネタや文章からすると、近い年齢ですかねー?
私は47年生まれですけど…。

返信する
あるのん

ユージさん、こんにちは。
いつも当ブログを見ていただき、どうもありがとうございます!

それはまさにグッドタイミングでしたね!
ぜひぜひトマトラーメンを堪能していってください。

年齢は一応非公開とさせていただいてますが、心だけはいつまでもナウなヤングですので今後ともどうかご贔屓によろしくお願いします!

返信する

コメントを残す