ヒスイ海岸に『ヒスイテラス』誕生!ヒスイハンターも爆誕!?の巻

こんにちは、富山人あるのんです。

10月20日、朝日町のヒスイ海岸に観光交流拠点施設となる「ヒスイテラス」がオープンしました。

海も山も一望できる屋内・屋外テラス、イベントホール、調理室、サイクルステーション、コインシャワーなどを備え、町民が自由に集い観光や人々の交流の拠点として期待される朝日町の新スポットです。

ということで行ってきました!

ヒスイテラスに入ってみた

場所は越中宮崎駅の向かいで、ヒスイの原石が打ち上げられることで有名な宮崎・境海岸(ヒスイ海岸)に面しています。

この日はオープンの翌日ということで駐車場内でもイベントが行われていましたが、普段であれば十分な駐車スペースが確保されていると思います。

館内はとても洗練されていて、あちらこちらにくつろげるスペースがあります。

ヒスイも展示されていました。

テラスから見える景色も大変に良好であります。

こちらは道路から反対側(海側)から見たヒスイテラス。横の階段を上がっていくと屋上の天空テラスへと続きます。

階段はすれ違いが困難なので、譲り合いの精神が無意識に働きます。

トレジャーハンティング

こちらから海岸を見てみましょう。

おお~いるわいるわ、トレジャーハンターたちが。

この日はヒスイテラスの1階でトレジャーハンティングの受付が行われており、無料でヒスイの鑑定をしてくれるのです。

海岸でヒスイらしきものを見つけたら、ノータイムで鑑定してくれるという素晴らしきサービス。

これは利用しない手はありませんよね。

ぼくの審美眼が試されるときが唐突にやってきました。

これまで眠っていたトレジャーハンティングの才能が、有能なヒスイハンターとして開花するのか今まさに試されようとしています。

この試練に打ち勝てばぼくは今の会社を辞めて、プロのヒスイハンターとして活躍できるかもしれません。

ヒスイを探してみよう!

数多くのライバルたちがひしめき合う波打ち際。

プロを目指すからには、そのライバルたちを押しのけてより多くのヒスイをゲットしなくてはいけません。

「貴様の思い通りにはさせねえ!」とばかりに砂浜に足を取られながら、一歩一歩踏みしめるように歩を進めていきます。

砂浜を超え、いよいよハンティング開始の狼煙が上がりました!

自分の中で課した制限時間は30分。スマホのアラームをセットしました。

この時間でどれだけのヒスイが見つけられるのか本気で勝負してみます。

波打ち際にまでくると、もはや砂らしきものはありません。

その全てが石!!

ヒスイ海岸にヒスイがある理由は2つあるとされていて、一つは東の姫川の上流にヒスイの産地がありそれが川から海へ、海からヒスイ海岸へと流れてきた説。

もう一つはフォッサマグナと呼ばれる大断層によって、ヒスイを含んだ蛇紋岩が海岸に打ち上げられた説があるようですが、現代でも海底の地質まではわかっていないとのことなので、厳密にはわかっていません。

周囲の人たちを見てみると、ヒスイを探すのに小さな熊手や手袋などを使用しながら、手際よく掘り進めています。

対してぼくは、「信じられるものは己の五体のみ」と言わんばかりに、それはもう真剣な表情で素手で掘り進めていきます。

周囲の人たちは子どもからお年寄りまで、それはもう和気あいあいと楽しそうです。

対してぼくは、「こちとら、遊びじゃねえんだよ!!」と言わんばかりに、それはもう真剣な表情で掘り進めていきます。

そこいら中に綺麗な石があるので、どれがヒスイなのか迷うというかわかりません。

掘っては埋め掘っては埋めを繰り返しながら、己の感覚のみを頼りに選出した石を袋の中へ投入していきます。

途中、近づきすぎて大きな波に足を襲われたり、より深く掘ろうとするも周りの石が崩れ落ちてあまり深くまで掘れないというハプニングに見舞われつつも、モチベーションを下げずにひたすら掘って選別していきます。

なあに、こんな程度の苦労でプロになれるならお安いことですよ^^

そんなこんなで、アッという間の30分が過ぎ去りました。

集めた石はこんな感じ。実物はもうちょっと澄んだ感じの色合いでより綺麗なんですけどね。

さあ、いよいよ鑑定のときがやってきました!

あるのんは、このたび一身上の都合により、2018年10月22日をもって退職いたしたく、ここにお願い申…

なんだか妙なシミュレートまで始めたぞ?

ジャカジャン!!

鑑定のおばちゃん

まずこの石ね
は、はい…

あるのん

鑑定のおばちゃん

ヒスイは一個もないね
ギャァーーーー!!!!!(;>人<)

あるのん

 

ヒスイハンターあるのん爆誕の夢が打ち砕かれた瞬間でした。

 

ヒスイによく似た「キツネ石」、世界的にはかつてはヒスイの分類だった「ネフライト」、そして半分以上は「普通の石」という結果に終わったのでした。

 

名前のある石

↓普通の石

「名前のある石」の右下の石は「さざれ石」というそうで、皆さん聞いたことはありませんか?

さざれ石

そう、君が代の歌詞の中にも登場する、あのさざれ石です。

ヒスイであるかかそうでないか、価値があるかないかというのは人間の都合で決めた基準であり、自然界においては石の価値に差などありません。

 

一見、無限にありそうなこれらの石ですが、まったく同じものは一つとしてない唯一無二の存在で、すべては等しく価値のあるものなのです。

 

あなたや恋人や家族の誰かが心をこめて探し当てた石は、ヒスイよりもダイヤモンドよりも価値のあるものではないでしょうか。

…と、そう自分に言い聞かせつつ、そして何より日本の国家に出てくるさざれ石を見つけたことで、試合に負けて相撲に勝った気満々になったあるのんでありましたとさ。

とりあえず今回は辞表は出さずに済んだようです。

最後に

今回、ぼくの中ではダイヤよりも価値のある石を見つけることができましたよ。

そう、これぞまさに貴重なハートマーク型の石。

なんなら、ダイヤと交換してあげてもよろしくってよ?

朝日町では4月~11月の間、ヒスイ鑑定もしてもらえる「水めぐり ヒスイきらりん・海鮮コース」というツアーが行われているので、そちらを利用してみるのもいいと思いますし、ヒスイテラスに行きヒスイ海岸で石を探して朝日町グルメを堪能するというのも楽しいと思います。

ヒスイ探し、楽しいですよ!!

「たら汁は栄食堂」朝日町のたら汁ストリートの名店に行ってみよう 朝日町で人気の蕎麦屋「酒蕎楽くちいわ」が移転OPEN!行くしかない 朝日町グルメの代表格『焼肉 歌昌苑』の満足感が素晴らしい!

ヒスイテラス
住所:富山県下新川郡朝日町宮崎3239-6
開館時間:8:30~17:30
休館日:12月29日~1月3日

コメントを残す