テレビ局から出演依頼が来てしまったので、顔出しについて考えてみた

ども、富山人あるのんです。

ある日、当ブログ宛に一通の問い合わせメールが届きました。

差出人は某全国ネット系列のテレビ会社となっています。

いやね、これまでにもテレビ局からは何度か問い合わせをいただくことはあったんですよ。

 

「貴サイトで紹介している○○の記事の詳細を~」

 

とか

 

「○○県のテレビ局ですが、今度富山の特集をするにあたってお尋ねしたいことが~」

 

など、

富山のコアな情報について聞かれることはあったのです。

なので、今回もまあそんな感じだろうと、余裕の笑みを浮かべながら読み進めてみたところ・・・

 

この度、当番組で「○○○の○○○」と題しまして、飲食店の○○○を特集した企画を考えております。

そこで、○○○に関しましてお詳しい方にお話をお伺いしたく、あるのん様のブログを拝見し、ご連絡させていただきました。

~中略~

収録日は○月○○日を予定しております。

合わせてスケジュールのご確認をお願い申し上げます。

 
 
 
 
(゜ロ゜)!?
 
 
 
このあるのん、年甲斐もなく副腎髄質より大量のアドレナリンを分泌してしまいました。

突然降ってわいたようなテレビ出演の話に、心穏やかでいられるはずがありません。

心に余裕がなさすぎて「新手の詐欺メールか!?」と疑わずにはいられなかったほどでした。しかし、どうメールを見返してもそのようには見えません。

そしてその番組、全国のゴールデンタイムに放送されているので、普段あまりテレビを見ないぼくでもよく知ってる番組なのです。

 

これは、すみやかに結論を出さなくてはならない。

 

突如訪れた恐らく今年最大のハイライト。

あるのんが下した結論とは

 

結果からいうと

 

お断りさせていただきました。

 

理由の1つは、まず顔出しをしていないということ。リーマンブロガーで顔出ししている人は全国にいるのか?と思うレベルに誰も顔出しなんてしていません。(実際にはどこかにいるのだろうけど、ちょっと調べた中では出てこなかった)

 

普通の会社は副業NGなので当然といえば当然のことです。しかし、ぼくが働いてる会社では副業NGではないのですが(確認済み)別に副業を推奨しているわけでもないし、関連する会社もあるので知られるとまあ色々めんどいというか、そもそも顔出しするメリットはないよね、という感じでしょうか。

 

もう1つの理由は、富山とは特に関係がなくその特集する予定のジャンルに詳しいわけでもないということ。そのジャンルでGoogle検索すると個人ブログでは上位に出てくるので目をつけられたと思うのですが、たまたま書いた記事で上位に出てる記事。

そのジャンルに対して造詣が深いわけでも、強い愛があるわけでもなく、その番組を改めて見てみると皆さんすごい人たちばかり。

いただいたメールによると「実際に番組への出演決定は会ってみてから判断」となっているので、他にも複数の人に声を掛けているだろうし、まず弾かれる可能性のほうが高い。

顔出しのメリット・デメリット

ここでふと、顔出しすることのメリットやデメリットについて考えてみました。

 

■顔出しのメリット

一般的に最大のメリットと言われているのが「セルフブランディング」がしやすくなるというところにあるでしょう。

・顔出ししてリスク取ってるから、発言にはより高い責任が求められる

・信用が上がる

・ビジネスに有利

・容姿が良ければなおよし

 

「信用」について世間では懐疑的な意見も多く、ぼくとしてもそれは顔出ししなくても培っていけるものだと思っています。逆に顔出していることで発言に必死感が表に強く出すぎているプロブロガーの方もいるように思います。

顔出しすることによってその人の個性が活かされるのであれば、やるメリットはあるといえるでしょう。

 

■顔出しのデメリット

・ネットとリアルの境目がなくなってしまう

・ネットで失敗するとリアルにも影響する

・同じ内容なら顔出しのほうが炎上しやすい(ように見える)

・SNSアカウントのようにリセットできない

 

うーん、怖い(笑)

そもそも地方ブロガーにとって顔出しはリスクしかないような……

顔出ししてしまうと、食レポ記事もより穏やかな内容の記事になってしまいそうだし、店名に「さん」づけしたくなるし、下手すれば「あるのんさんですよね!ブログミテマス!」なんて言われてしまい、いたたまれなくなってしまうこと請け合いです。

もっと言うなら「あるのんさんてもっとイケメンだと思ってたのに~><」なんて、読者をがっかりさせたくありませんからね。

突発コラム!飲食店に「さん」づけの是非

ぼくは飲食店を記事にするとき、飲食店には「さん」を付けていません。これは客の立場から飲食店を見たいという気持ちがあるからです。

これは別に客が飲食店よりも上とか言いたいわけではなく、日常の会話の中では誰も飲食店に「さん」なんて付けないですよね。

「さん」づけは、取引先とか同業他社とか自分に関係のあるところに対して使うものであって、NHKや公的機関が「吉野家さんで1時間待ちが~」なんて言おうものなら大変なこっちゃです。

まとめ

このブログでは引き続き顔出しなしでいきますが、件の問い合わせメールへの返信の中で、

 

「富山ネタの際にはまた声を掛けてください」

 

と、身の程をわきまえない内容で締めくくらせていただきました。

(実際はもうちょっと丁寧なことばで書きましたが)

 

ということで今回はこの辺で!

 

8 Comments

タカキ

凄いですな! と同時に勿体無い様な・・・
目立ちたがり屋の僕だったら即OK出しちゃいますw
まあでも有名になると自由に書けなくなる可能性もあるので賢明な判断かもしれませんな。

返信する
ユウジロウ

覆面つけて出るっていう手もあったのかもしれませんね。
最近ミュージシャンでも結構居ますし。セカオワ、マンオブミッション、仮面女子・・・

返信する
kusoimo

こんにちは、去年までテレビマン(メインはENG)です。
テレビなんて撮影に時間ばっかり喰う割にはメリットがほとんどありません。
出演料出すわけでもなく、出してもスズメの涙。
飲食店など出るメリットのある人は考える間もなくOKしますし、出したい人は一度断られたくらいでは引き下がりません。

つまり悩んだなら断って正解だと思います

返信する
あるのん

こんにちわ!
中の人の貴重なご意見ありがとうございます。
断られても出したい人はそう簡単に引き下がらない、出演料はせいぜい交通費であろうことは想像していましたが、なんのかんの言われながらテレビに出るということは今もかなりのステータスなので、メリットが大きい人であれば出れるならぜひ出ておくべきですよね。
ぼくはまあ、こうしてネタにさせてもらったので、これだけでもおいしいかなと思っています(笑)

返信する
匿名

ちゃま!すごいじゃないかぁぁぁ(驚゚∀゚*)!!!!
何の番組なのかが気になるぅ~??w

返信する

コメントを残す