【富山豚食堂かつたま】最後まで塩で旨い!極上とろロースカツ定食

ども、とんかつブロガーあるのんです。

ある日のこと、友人から「かつたまのとんかつがうまいぞ!」と伺いました。どうやら某口コミサイトでもすこぶる評判が良いらしい。

場所を聞くとそのお店は空港線沿いにあって、王将と100満ボルトの中間くらいとのこと。

「ん、それってか○やじゃなくて?」

「いや、もうちょっと100満寄りかな」

ということでさっそくその日に行ってまいりました。

おお~あったあった、これかあ。

確かこの場所、以前お好み焼きのお店だったような…。

車はほぼ満車でギリギリ停めることが出来ました。


富山豚食堂かつたま

どうやらこのお店、『富山豚食堂』というだけあって富山に強いこだわりを持っているようです。

かつたまの魂
・富山県産豚肉のみを使用
・富山県産コシヒカリ
・富山県産米寿の卵
・無添加富山麹味噌
こだわりの手揚げ
・くさみがなく柔らかい肉質で、旨味がたっぷりの富山豚を最高の状態で味わってもらうために本生パン粉を使用し、独自に配合した100%植物性油を使用し、カラッとサクサクに仕上げています。
大盛り無料
・炊きたてコシヒカリと、食物繊維たっぷりのキャベツは大盛り無料
・小盛りにもできます

メニュー

極上富山豚ロースカツ定食 1,300円
やわらかヒレかつい定食 1,300円
米寿の卵ロースかつ丼 980円
海老ヒレかつ定食 1,580円
富山野菜味噌かつ煮定食 1,300円
※メニューはすべて税抜価格

今回はかなり迷いました。

このあるのん、初めてのお店ではスタンダードなメニューを選択するようにしてるのですが、今回は悩んだ末にどうしても気になったこれをオーダーすることに決めました。

極上とろロースかつ定食 1,580円
数 量 限 定
一本のロースからわずかしかとれない肩ロースに近い部分です。より柔らかな赤みと、たっぷり上質な脂身をお楽しみいただけます。

いや、こんなん書かれたら食べてみないかんでしょ。

ご飯大盛り、キャベツ普通盛り。

衣から漂う有能感・・・

見た目から伝わってくる衣のサクサク感、ほんのりピンク色に染まる肉の色に胸の高まりが抑えられません。

とんかつはまず塩で食べる派のあるのん、まず端っこから塩でいただいてみました。

意識高そうな塩

衣はサックサクで、すこぶる軽い。ふわっとしたサクサクさです。

どれだけ慌てて食べても口の中が痛くなることはなく、衣が完璧に肉の引き立て役を全うしています。

そして普通ロースっていったら端っこは脂身が強いんですが、このとろロースは脂身の塊がまったくありません。

しかし、肉そのものにほどよい上品な脂感を感じます。つまりこれはサシの入った豚肉を使用しているということなのでしょう。

衣はサックサク、肉は箸で切れそうなほどに柔らかく、旨味濃厚な豚肉と程よい上品な脂の旨味。

この極上のとんかつには、この塩が素晴らしく合います。

ソースでもいただいてみたのですが、ソースでは味が強すぎてこの繊細な味わいが損なわれてしまうと感じました。

「このとんかつをソース味に染めてしまうのは失礼ではないか」

そんな気すらしてしまうのです。

最初から塩がついてくるのも納得というもの。

気がつけば、最後まで塩で食べきっていました。こんなことは初めのこと。

通常、とんかつは塩だけだと単調になるというか、脂身や衣がくどくなってしまうのでソースも使っていましたが、こちらのとんかつは旨味濃厚ながら最後までさっぱりといただくことができました。

そして米が旨い!

富山産コシヒカリの旨さがまた素晴らしい。

お米一粒一粒の旨味や歯ごたえが伝わってきます。大盛り無料ありがとうございます。

できればおかわりもしたかった・・・(別料金で出来るのかな?)

まとめ

とんかつとはこんなに旨いものだったのか・・・としばし余韻に浸っていました。

後から知ったんですがこちらのお店、ミシュランガイド富山・石川(金沢) 2016 特別版にとんかつ店では唯一の掲載となっていたとのこと。

とんかつは一見シンプルな料理ですが、シンプルなだけに材料や調理法や店主の思想などがはっきり現れる奥深いものであるということを思い知らされました。

富山には数多くのとんかつ専門店がありますので、これからはラーメンカレーばかりではなくとんかつにも注力していきたいと思います。


引用:©美味しんぼ

富山豚食堂かつたま
住所:富山市二口町1丁目9-1
電話:076-462-0029
営業時間:
月~土11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~22:30(L.O.22:00)
日・祝11:00~22:30(L.O.22:00)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

こちらからもシェアできます

関連コンテンツ

コメント

  1. ゆうじろう より:

    ずっと気になってた店でした。今度行ってみます!!
    ラストの『トンカツ大王』(美味〇んぼ)が泣かせます。初期の『美味〇んぼ』って一話読み切りの人情噺で泣かせるんですよね。この話は何度でも読み返してて、何だか迷ってる時に必ず読み返すエピソードです。ぼくも困窮してた頃にメシを食わせてくれた友人や先輩にいつか恩返ししたいと衷心から思うものであります。ありがとうございますm(__)m

    • あるのん より:

      これはいいタイミングでしたね。
      ぜひぜひ行ってみてください。
      初期の美味しんぼは、雄山と士郎がいい味出してたんですけどね。
      あの頃の栗田さんを返してくれ。

  2. タカキ より:

    塩いいですね♪ 自分はせっかくサクサクに揚げたカツにソースかけてふやけさすのに疑問を持ってたので素晴らしいですね。
    な訳で将来トンカツ屋をプレゼントするかもしれないので先行投資で僕にトンカツをご馳走しといて下さい^ ^
    タダで貰うのが嫌なら儲けの中から少しずつ返して貰ってもいいのでw

    • あるのん より:

      あと、キャベツの上にとんかつを乗せるという行為にも疑問を持っていますw
      見た目にはいいんですけどね。水分でふやけちゃう。
      別にとんかつご馳走してもいいですけど、念書書いていただけますか?^^