吉兆もんじゃ屋にて、もんじゃ焼きとお好み焼きを堪能する

こんにちは、富山人あるのんです。

ときどき無性に粉モンを摂取したくなりませんか?

おっと、ちょいと表現がアレでしたかね。

もちろんここでいう粉モンとはイリーガルなブツではなく、世界的にみて超合法なやつですからね。

ということで、今回は富山市上本町にある「吉兆もんじゃ屋」に訪れてみました。

お店は市電通りにあってそこそこ目立つ外観なので、「入ったことはなくても見たことはある」という人は多いのではないでしょうか。

吉兆の駐車場

夜はバリバリお酒が飲めるお店となっていますが、もちろん食事だけでもオッケーだし昼はランチもやっているので、上本町という富山市の繁華街の中に無料の駐車場があるというのは実にありがたいことですよ。

22~26が駐車場となっていますが一応チェックしてみたところ、なぜだか24がありません。

つまり駐車スペースは、22、23、25、26の計4台分ということですね。

「吉兆」という言葉の意味は「めでたい事が起こる前ぶれのしるし」ということなので、「4」という数字が入るのを避けたのかもしれません。なんというこだわりか。

22~26のスペースは縦列駐車なので微妙に難易度は高めですが、そこは気合で乗り切ってください。

たこ焼きが焼けるのは選ばれし者のみ

店内はカウンターとお座敷に分かれています。

お座敷は6席あるのですが、そのうちの3席のみがたこ焼きに対応しています。

我々のテーブルはたこ焼き非対応だったので、非対応でも厨房で作ってくれるんかな~と思って注文してみたところ、「たこ焼きが焼けるのはあちらのテーブルだけなんです~すいません」と断られてしまった…

この日3席あったたこ焼きテーブルは既にReserved!!チックショ~!!

では気を取り直して注文するとしましょう。

 

生(淡麗生中)380円

発泡酒ですが380円という価格はとても魅力的だし、メンテもよろしいようでおいしくいただけました。

銘柄がちゃんと書いてあるというのは安心できますね。

チャンジャ 330円

チャンジャはタラの胃袋で、コリコリした食感と深い味わいがたまらないんですよね。

このお店のはしっかり味がありつつ食べやすく、ビールもグイグイ進もうというものです。

もち明太もんじゃ 850円

もんじゃの名を冠したお店なので、やはりこれは食べておかなくてはいけませんよね。

メニューには魅力的なもんじゃが並びますが、今回選んだのは「もち明太もんじゃ」です。

もんじゃの焼き方

もんじゃ焼きの焼き方の説明もあります。

もんじゃ焼きの作り方(4)の「食べごろでーす」の軽いノリには、「もんじゃって難しそうだけど、なんか自分でも焼けそう!」とほのかな希望が湧いてくるのではないでしょうか。

(1) 鉄板に油をなじませて

(2) だし汁を残しながらすべての具材を投入

(3) 切るように炒めながら、まん中に穴をあけてだし汁を投入し、かき混ぜてなじませる

これを2~3回くり返します。

(4) とろみが出てきたら丸く薄くのばしていく

はい、うすく焦げてきたところで食べごろでーす♡

もんじゃ焼きはこの小さなヘラがいいんですよね。

ちょっとずつ食べられて長く楽しめるので、淡麗生の減りがちょっとヤバいことに!?(笑)

餅が入ってるのでトロリ加減はかなりのもの。

無造作に口へ運ぶと、唇に細いのがペタリと張りついて悶絶級の熱さを体験してしまいますので、そこはくれぐれもご注意ください。

このあるのんも不用意な激アツ体験を幾度となく体感してしまいましたので。

もんじゃ焼きはお焦げもうまし!

もんじゃ焼きはほんのり焦げたところがまたおいしいので、漏らさずキャッチしていきたいところ。

トッピングも組み合わせ自由

もんじゃ焼きとお好み焼きにはトッピングが追加できます。お好みでどうぞ!

100円:コーン・こんぶ・ネギ・紅しょうが・大葉・ベビースター

200円:チーズ・もち・明太子・牛すじ・かんこくのり

お好み焼き 大葉玉 600円

お好み焼きに使用されるという「吉兆オリジナル鶏ガラスープ生地」に惹かれて注文。

大葉玉って珍しいですよね。さっぱりしてかなりイケるのではないかと期待できます。

「もしかして、お好み焼きも自分で焼くのん?」

と思ったけど、お好み焼きはお店で焼いたのを持ってきてくれるとのこと。

自分で焼くスタイルってあんまり好きではないので、やはりプロが焼いてくれるというのは安心です。

できれば、たこ焼きも焼いてほしい…←しつこい

見た目にはとてもシンプルなお好み焼きで、それぞれの素材の味がストレートに伝わってきます。

大葉の心地よい風味がさっぱり感を演出し、さらなる食欲が湧き上がってくるかのようです。

そして、このお好み焼きはこれで完成ではなく、これを基本として自分で自由にカスタマイズしていけるんですよ。

テーブルの端には海苔、鰹節、ソースを完備。

ソースはかなり味が濃いのでつけすぎ注意!

そしてさらに、それだけではなく、

マヨネーズと辛子が運ばれてきました。

触ってみると入れ物はキンキンに冷えてやがりますが、中は意外とそうでもないので安心して使用してください。

辛子もマヨもすごくあっさりした味なので、多めにつけてもわりと大丈夫な感じでした。

ちょっと調子こきすぎてカオスな状態に。

人の目など気にせず、あなただけの一口を完成させましょう!!

ランチもあるのん

平日の11:30~14:30まではランチタイムで、もんじゃ焼き・お好み焼き・焼きそばの価格に+150円で

  • サラダ or ライス
  • ミニアイス
  • 飲み物付

と大変お得に利用できます。

まとめ

5時半くらいにお店に入ったときはまだガランとしていましたが、徐々に人が増え始め6時過ぎたあたりでもう満席となり、後から後からやってくるお客さんらが軒並み断られていました。

その日が土曜日だったということもあるのかもしれませんが、大人気のお店だということが実感できました。

今回はほんのさわりだけの利用でしたが、他にも焼きそばや鉄板焼きなどのメニューが豊富なので、皆さんもぜひ利用してみてください。

ぼくは次回こそVIP席で憧れのたこ焼きを食べるんだいっ!!!

吉兆 もんじゃ屋

住所:富山県富山市上本町5-24
電話:076-491-5556

営業時間:11:30~14:30 17:30~22:00

定休日:月曜日

2 Comments

あるのん

カレーもんじゃ!
しかもチーズ&カレーってどちらも間違いない組み合わせで、次回はぜひこれを食べてみたいと思います。

返信する

コメントを残す