富山のテイクアウトまとめ

【こころ】久々に行ったら昼営業のみのラーメン専門店になっていた

こんにちは、富山人あるのんです。

「焼肉屋のラーメンはうまい」

グルメな皆さんなら、きっとどこかでこの格言を耳にしたことがあるのではないかと思いますが、でもなんでそう言われるのかな~

・・・などと考えながら向かった先は、ずいぶんと久々の訪問となるこちらのお店。

そう、「炭火焼き焼肉ラーメンこころ」であります。

現代はおいしいラーメンのお店が増えて選択肢が格段に増えましたが、かつてはうまいラーメンに飢えていたものでした。

うまいラーメンがあると聞けば、どこへでも何時でも遠征に行っていたという人はきっと少なくないことでしょう。

今回ご紹介するこころは昔からのラーメン好きの間では有名なお店ですが、焼き肉店でありつつラーメンだけ食べることもできるありがたいお店だったのです。

過去形なのには理由があります。

うーん、久々すぎてもはや懐かしい。

メニュー

メニューの下に営業時間が書いてあります。

昼は11:30~14:00まで、夜は「ご予約のみ」となっていますが、現在は夜の予約はとってなくて完全に昼飲みの営業となっています。

さらに驚きだったのが、今は焼き肉を一切やめてラーメン専門店として営業されています。

焼き肉をやめて既に2年ほど経つそうですが、今だに予約の電話があるそうで、ぼくもこちらの焼き肉を食べたことがありますが確かにとってもおいしかった記憶があります。

 

メニューをよくよく見てみると、「アレッ!?」と思うことがありました。

 

チャーシューメンがない!!?

 

このお店のチャーシューは大判でとってもおいしいのですが、看板メニューだったチャーシューメンがどこにも見当たらないじゃないですか。

一人でお店を切り盛りしているおばちゃんの話によると、

おばちゃん

チャーシューメンだと値段が高くなりすぎるんで、お好みでチャーシューをトッピングしてもらえるようにしてあるがやちゃ~

好みで1枚追加したり、2枚追加したり、3枚追加したり、中には4枚追加する人もいたけど「食べきれんかったわ~」って残した人もいたりね(笑)

なるほど~、食べたい分だけトッピングで追加すればいいのね。

でもなんぼなんでも4枚は多すぎやろ・・・ でも気持ちはよくわかるのんよ!

あるのん

牛すじラーメン970円

この黒さたるや!!

平成初期は大喜はもちろんのこと、竜豊やぼんてんも黒いラーメンで人気がありましたが、このラーメンもまた富山ブラックの歴史を支えてきたラーメンの一つと言えるのではないでしょうか。

この黒いスープはとんでもなくしょっぱそうに見えますが、これがぜんぜんカドがなく意外とマイルドなんですよ。

ほんのり酸味のきいたキレのある醤油感と、甘味すら感じるやわらかな旨味が合わさってこれは後を引くおいしさです。

麺は柔らかくてちょっぴりもちっとした感じ。

この麺がスープとよく絡み、麺とスープの絶妙なる一体感を楽しむことができます。

柔らかい牛すじがごろごろ入ってます。これは贅沢~!!

ライス150円

ええ、ご飯を頼まない選択肢などありませんよね。

ライスの付け合せの漬物が量がある上に味がすこぶる良く、普段であればこれだけでご飯一膳余裕なんですが、そこはなんとかなるべく肉とともに消費していきたい所存です。

やはりご飯を頼んどいてよかった・・・

そのまま食べてよし、ご飯と食べてよし、その複雑な造形を楽しむもよし、くんかくんかするもよし、牛すじとスープとライスの妙味を存分にお楽しみください。

チャーシュー1枚 250円

牛すじもいいけれど、やはりチャーシューも食べておきたいと思うのが複雑なオトコゴコロというやつです。

トッピングチャーシューは別皿で提供されます。

この厚み、大きさ、かぐわしい香り、もう辛抱たまらぬ!!

チャーシューはすぐスープに浸しておきましょう。

しばらくして、とろけてきた頃が食べごろ。

もちろんチャーシューもオンザライスとしゃれこみます。

この柔らかさ、味の濃さ、たまりまへーーん!!

脂身にもしっかり味が染みていて、これをご飯と一緒に食べれば気分は桃源郷の彼方へ。

このスープはもちろん飲み干したのですが、スープは時間の経過とともに牛すじの味がラーメンに染み出るようで、スープの終盤はどこか煮物っぽいおふくろの味を思い起こさせるものがありました。

これが牛すじでなく、最初からチャーシューだけだったならまた違う味になっているはずです。

このラーメンはそういう微妙な味の違いも楽しめたりするんだなあと思うと、また次に訪れるモチベも上がってくるというものですよ。

おばちゃんの顔を見に

こころは長年営業していて有名な老舗店ですが、「そういえば最近行ってなかったなあ」という人も意外と多いのではないでしょうか。

おばちゃん

焼き肉もやめしもたし、店も閉めようかとも思ったけど、娘が「店やってたほうが元気でいられるんじゃない?」って言うもんで続けとるがやちゃ~

と、あっけらか~んと語るおばちゃん。

この他にも色々なお話を伺ったのですが、とても話し好きの気さく~なお方です。この記事で懐かしく思った人はぜひぜひ足を運んでみてほしいと思います。

一度も行ったことがないという人も、他にありそうでない食べやすくておいしい老舗の富山ブラックラーメンの味をぜひ試してみてほしいですね。

どうもごちそうさまでした!

ラーメン こころ

住所:富山市長岡9522-6

電話:076-471-6605

営業時間:11:30~14:00

定休日:火曜日

4 COMMENTS

少々

わー!!数年前はよく行きましたが最近ご無沙汰です
固麺好きの私にとっては麺が少し残念なんですがそれでも何度も足を運びました。

食べたい。

返信する
あるのん

少々さん、こんにちは。
さすが、よく行かれてましたかー!

ぼくもどちらかというと固麺が好きなんですが、よくスープに絡むのであれはあれで好きな麺でした。
ぜひとも、お久しぶりに足を運んでみてくださいね。

返信する
にざんさ

このお店、たぶん25年位前に一度行ったことあります^^
富山で何処のラーメンを食べようか迷って、フラッと入った本屋さんで見た
ラーメン本に掲載されてて、友人と食べに行った覚えがありますよ~^^
皆さん焼き肉食べてる中で、ラーメンを食べてるのはちょっと肩身が狭かった覚えがありますわ~(^^ゞ

返信する
あるのん

にざんささん、こんにちは。
さすが、その当時に行ったことがおありとは!
当時からラーメンだけ食べることも出来ますが店舗的には焼肉店なので、知らないと確かにちょっと申し訳なく思うかもしれませんね(笑)
でも今はラーメン専門店なので、堂々と心ゆくまでラーメンを楽しむことが出来ます。

返信する

コメントを残す