富山のテイクアウトまとめ

【ヘビロテ中】立川マシマシ ウマ汁こってりマシライス実食!

こんにちは、富山人あるのんです。

日清から5月18日に販売されたばかりの「立川マシマシ監修 ウマ汁こってり マシライス」ですが、気がつけば既に3回食べているほどにヘビロテしちゃってます。

おすすめなのでご紹介させていただきますね。

これってどんな商品!?

「立川マシマシ」という東京発祥のラーメン店がありまして、名前からなんとなく想像つきますがいわゆる二郎インスパイア系のお店です。

このお店が他の二郎インスパイアと異なる点は、ご飯もののデカ盛りメニューがいくつも存在するところでしょうか。

暴君セットだのタルタル焼肉重だの聞いただけで胸焼け必至、「男の子ってこういうのが好きなんでしょ」とお姉さんに言われちゃいそうですが、その中に「マシライス」というメニューがあるのです。

日清より発売されたウマ汁こってり マシライスは、立川マシマシの全力監修によって誕生した商品です。

「全国に10店舗を構える超人気店って書けって言われました。」

「全国に10店舗を構える超人気店って書けって言われました。」

「全国に10店舗を構える超人気店って書けって言われました。」

書けと言われたから書いた日清たんに萌え♡

店舗数が多いことと超人気店であることは必ずしも一致しないように思いますが、北陸でも二郎インスパイア系は人気があるので、北陸に(できれば富山に)出店してほしいなあ~なんて。

ウマ汁こってり マシライス実食!

この商品を一言でいえば、豚骨醤油のこってりした味でいただく雑炊になると思います。

パッケージには「ウマ汁こってり」だの、

「不謹慎にウマい」だのが、上面側面にこれでもかとアッピールされています。

もし豚の絵が書いてなかったら、馬にこだわった商品かと勘違いするところでした。

実に数多くの原材料が使用されています。国産のお米を使ってるのが好感もてますね。

気になるカロリーは402kcal。

フルーズドライ米が意外とたっぷり入っているんですよ。

では線の内側までお湯を入れて、

パッケージには書いてありませんが、お米がカチカチなので均等に熱が通るように最初に軽くかき混ぜておくといいかと思います。

仕上げに特製アブラを入れるのを忘れないように。

ぼくは2回目に食べたとき、食べ終わってから特製アブラの入れ忘れに気がついて途方に暮れましたので、皆さんにはしっかり胃袋の幸せを掴んでいただきたいと思います。

とはいえこの特製アブラ、とんこつラーメン独特の獣臭がするので苦手な人は入れないほうがいいかな。

入れなくても全然おいしかったことをここに報告いたします。

この商品は待ち時間が5分ですが、カップ麺の時間を守らない男あるのんはもちろん腹時計の4分くらいで食べてみたところ、まだ米が硬すぎて後悔したのでちゃんと5分・・・いや、それ以上待ったほうが無難かと思います。

多少長めに待ってもラーメンの麺のように伸びたりしないのでじっくり待ちましょう。

このこってり感、たまりまへ~ん!!!

濃いめの豚骨醤油に、にんにくと唐辛子のパンチ、さらに特製アブラでトドメのアクセントが加わった、やっちまった感あふれるジャンキーなフードを存分に楽しみましょう。

罪悪感などどこかに置いてきてください。

最もお勧めなチョイ足しアレンジはこれしかない!

このままでも十分おいしいのですが、これに何かを足すことによってより大きな幸福感に満たされるのではないか。

いやはや、人間の欲望や願望には際限がありませんね。

ぱっと考えつくものとしては、ヤサイマシ、粉チーズやとろけるチーズ、ハムやチャーシューを細かくして投入するなどですが、やはり一番幸せになれるチョイ足しはこれしかないと思うんですよ。

そう、マシライスにライスマシ!!!

さらなるご飯を投入すれば幸福感は長く続き、胃袋もより満たされることでしょう。

さらに、クラッシュドチリペッパーを入れればよりパンチのある味となり、マシライスジャンキーになること請け合いです。

ウマ汁こってり マシライスまとめ

とりあえず、こってり好きな人はぜひ食べてみるべきです。ハマル人はめっちゃハマると思いますよ!

塩分も強めでわりと喉乾きますから、お水もじゃぶじゃぶ飲んでおきましょう。

「立川マシマシ ヤバい」で実際にググると、この商品の情報ばかりが検索にヒットしました。

実際の店舗のマシライスもめっちゃ気になりますなあ。

店舗ではマシライスの他に、デラックスマシライスや、エキストラバージンマシライスなんてメニューもあり気になりすぎて夜も眠れない勢いですが、近くにお店がない人は大人しくこの商品を食べておきましょうね。

立川マシマシ ウマ汁こってりマシライスはコンビニやスーパーなどで購入できますよ。

コメントを残す