富山のテイクアウトまとめ

【売り切れ必至】ついに大阪屋の金沢風カレーを富山市でゲット!

こんにちは、富山人あるのんです。

今から数ヶ月前のこと。

友人から「大阪屋の金沢カレーがうまい」というタレコミがありました。

富山人には説明不要ですが、大阪屋とは富山県を中心に多店舗展開している大手スーパーです。

その情報を受けてお弁当コーナーを見てみたり何店か行ってみたりしたのですが、まったくもって見つけることはできませんでした。

大阪屋へはよく買い物に利用しているのですが、いつしかカレーのことは忘却の彼方へと押し流されていったのでした。

大阪屋の金沢○カレー

 

そしてつい最近のこと・・・

 

 

あーーー!!これかーーー!!!

 

珍しく午前中に行ったからか、運良く噂のカレーを見つけることができました。

ついに憧れの大阪屋の金沢カレーを富山市でゲット!!

結局いったいどこなんだよ・・・ と思わずツッコみたくなりますが、苦節5ヶ月・・・ あゝ、夢にまで見たこの日がついに実現しようとは。(4ヶ月と3週間以上は忘れてたけど)

 

ところで、スーパーやコンビニのお弁当のボリュームに満足できていますか?

どちらかというとご飯の量もほどほどだし、食べざかりの男子にはチト足りない気がするのですが、この商品は手にとってみるとズシリと重たいんですよ。

スーパーのお弁当でこのような感覚になるのはとても新鮮でした。

まさに金沢カレーっぽいビジュアル。

さっそくレンチンしてきました。

食欲を誘ういい香りがたまりませんね。まあだいたいのカレーはそうなんですが。

ではまずルーだけをいただいてみましょう。

ドロッとして濃い色合い。

スパイシーで濃厚な味はまさに金沢カレー。しかもフルーツを思わせる爽やかな酸味によって、決して重たくならず典雅な味わいに仕上がっているのです。

うーん、確かにこりゃおいしいわ!

カツの存在感もしっかり感じられるのが嬉しい。

レンチンすると衣が水っぽくなるのは致し方ないところですが、作りたてならきっとすごくおいしいんだろうなと思います。

カツをルーにドボンするとまた格別な味わいに。

そして、やはりというかご飯の量がパねえ。この商品を持ってズシリときたものの正体はやはりご飯でした。女子には少々苦しい量かもしれない。

ルーはご飯を囲むように両サイドに敷き詰められています。

ルーがおいしいからと多めに消費していくと後半ルー不足に苛まされることになりますので、配分をしっかり考えながら食べていきたいところですね。

ぼくは初めて食べたこともあってご飯が余りがちになりましたが、問題なく完食。

どうもごちそうさまでした!

 

食べ終えてはじめて気がつきましたよ・・・

 

今食べたものは金沢カレーではなく、

金沢“風”カレーという商品名だったことに。

“風”とはいうものの、色が濃くてドロッとしたルー、ステンレス皿っぽい器、ソースのかかったカツ、キャベツの千切り、先割れスプーンなど、金沢カレーの条件はすべてクリアしているといっていいでしょう。

味もいいことだし堂々と金沢カレーを名乗っていい気もしますが、富山発祥で金沢カレーを名乗るのは気が引けたのか、控えめな富山の県民性がでているのかもしれませんね。

この金沢風カレーは思ったよりも(と言っては失礼ですが)しっかりカレーしてて、カレー専門店のテイクアウトと言われても信じそうなクオリティでした。

夕方以降の時間に行くといつも売り切れてるので、なるべく早めに行って運良くゲットしてみてくださいね!

コメントを残す