富山のテイクアウトまとめ

カラオケ嫌いもハッピーに盛り上がれる「オタカラ会」のすすめ

皆さん、カラオケはお好きですか?

ぼくの印象では日本人の多くはカラオケ好きな気がします。

しかしその一方で、ぼくのようにそれほどカラオケは好きじゃないという人もまた多い気がしています。

今回はカラオケボックスで男女8名による「オタカラ会」を楽しんできましたので、カラオケ好きもそうじゃない人もハッピーになれること請け合いの「オタカラ」についてご紹介させていただきます。

オタカラって何!?

オタカラとは「オタクカラオケ」の略称で、アニメ・特撮・ゲームしばりで歌うカラオケのことを言います。

オタカラ部、オタカラ会、オタカラ縛りなど、その時々によって表現は微妙に変わりますが、アニメ・特撮・ゲームの曲であればオールグリーン。

それがどんなに古い曲であろうと痛い曲であろうと、歓迎を持って受けいれられるというのがオタカラの最大の特徴です。

ぼくが覚えている限りでは、オタカラ会は仲間内で少しずつ広がってはや20年ほど経過するでしょうか。

カラオケ嫌いも楽しめる

カラオケが好きじゃないという人の理由は人それぞれだと思いますが、一番多いと思われる理由には歌がうまくないとか、人前で歌えるような歌をあまり知らないとかではないかと思います。

ぼくもあまり歌を知らないほうですが、かといって人に合わせるための努力なんてスーパーめんどくさいと思うタチです。

 

でも、オタカラならいける!

 

しかも、ただ知ってるとか覚えているというだけでなく、懐かしくて思い入れのある歌が多いので歌っていてとても楽しいんですよ。

そしてここがまた重要なんですが、人の歌もまたすごく楽しいんです!

普段、人の歌うカラオケというものは、自分にとって思い入れのある曲とかうまい人とかでないと、なかなか興味がわかないものだと思います。

しかしオタカラは人の歌でも懐かしさや思い入れが感じさせられ、そして歌っているときの映像もそのアニメだとなお懐かしくて楽しいのです。

保険をかける必要なし

普段のカラオケで、露骨なアニソンってなかなか歌いにくいものですよね。

そんな状況でどうしてもアニソンを歌いたいときは、シャレオツな楽曲にカムフラージュされたものを選曲するわけです。

例えば、WANDSの「世界が終わるまでは」は1994年にリリースされた大ヒット曲ですが、まさかこの曲がアニソンに使用されているとは普通は思わないですよね。

仮に「これスラムダンクの主題歌だよね?」と目ざとく指摘されたとしても、スラムダンクは一般に認知された名作漫画ですので、バレても恥ずかしい思いをすることはありません。

この二重に張り巡らされた保険に、思わず夜神月もニンマリすることでしょう。

しかし、時には若い人が昔のアニメの歌をよく知らないことによる、アニメに使用されている今風のシャレオツな楽曲を探すという逆転の下剋上が起こってしまうので、オタカラのベテラン勢は生ぬるい目で察してあげたいものですね。

歌う曲は事前にいくつか決めておこう

アニメ特撮ゲーム系の曲は歴史も長く星の数ほどあるので、その存在を忘れているものもきっと多いのではないでしょうか。

「知ってたら歌いたかったのに!」と後悔のないよう、事前にチェックしておきたいものですね。

今回のオタカラ会では、友人のヒロシがリストアップした数十曲を紙に書いてきていました。

「おうヒロシ、いいリスト持ってるじゃねえか。ちょっとぼくに貸せよ」とお願いしてみたところ、「恥ずかしいし」とにべもなく断られてしまいました。

しかし、なぜ紙・・・!?

スマホに入れとけばLINEチェックするフリして見られるのに。

そんなヒロシの一発目の曲は、タイムボカンのテーマだったことをここに報告させていただきます。

皆の顔がいきいきしている

皆の表情がとってもいきいきとしているのがなんとも印象的です。

何のしがらみもなく、心から純粋にカラオケを楽しんでいるのがよく伝わってくるのです。

 

「おおー!クリィミーマミやーん!」

 

「ルパン・ザ・ファイヤー!?ルパンにこんな曲あったん!?」

 

「あれ?タイガーマスクなんて誰入れた?」

 

「はーい!」

 

なんと、タイガーマスクを入れたのは女子だった!!

放映時にはまだ産声すら上げていなかっただろうに。

劇場版のイケメンにもほどがある鉄郎もまた盛り上がるネタに。

キャプ翼の主題歌「燃えてヒーロー」の2番目のふざけた歌詞に、笑いをこらえながら歌わせていただきました。

ぼくが「アイドル天使ようこそようこ」が歌えるのはこのオタカラ会だけ。

そして時間終了間際、ルームに終了お知らせコールが鳴り響きます。

最後は一応ドラクエ勢らしく「この道わが旅」で〆させていただきました。

 

こうして、夢のような3時間30分はアッという間に過ぎていったのでした。

オタカラ まとめ

あの頃を思い出しながら歌うオタカラ会は、カラオケがあまり好きではないぼくもすごく楽しいイベントです。

昔のアニメは歌唱力を必要としないものが多いし、アニメの映像が出てくれば周りの人たちも十分楽しめますからね。

誰も嫌な思いをせず、こんな温かく懐かしい気持ちにさせられるカラオケが他にあるでしょうか。

 

「ああ、なんて懐かしいんだ・・・」

 

そんなノスタルジーに浸るもよし、

 

「え、これアニソンだったの?」

 

とオシャレなアニソンに興じるもよし、楽しみかたは人それぞれ。

絶対に楽しいので、皆さんもぜひ一度やってみてくださいね。

オタカラ会の際の機種選択は、アニメの曲や映像がより充実しているほうをおすすめします。(DAMのほうが多いそうですが、お店の人に聞いてみてください)

来る2020年、「オタカラ」が世間を席巻する!!・・・といいなあ。

 

2 COMMENTS

ようこ

「アイドル天使ようこそようこ」(・∀・)ん??呼んだ?w

オタカラ楽しそうなのでやってみよっと~♪ww

返信する
あるのん

アイドル天使さん、こんにちは。
オタカラ会の際には、ぜひご自身のテーマソングをお歌いくださいw

返信する

ようこ へ返信する コメントをキャンセル