【おつまみやきとり】カッチコチ!噛みしめる炭火焼鳥がクセになる味

焼き鳥は好きですか?

焼き鳥が嫌いって人はぼくの周りでは聞いたことありませんが、ぼくは大大大好きであります。

なんなら毎日でも食べたいくらい愛してますが、現実は毎日焼き鳥屋に通えるほど甘くはなく、平日においしい焼き鳥が食べたいときはテイクアウトしたり、それすらめんどいときはスーパーやコンビニで買うことも少なくありません。

では、わいは24時間365日いつでもどこでも焼き鳥が食べたいんじゃい!という場合はどうすればいいのでしょうか。

そんな焼き鳥ジャンキーな皆様に朗報!!

いい商品がありまっせ~!

 

はい、「おつまみやきとり」という商品名です。

気になる価格は税込み158円ぼくが知る限りではドラッグストアコスモスと通販で購入できます。

これは炭火焼鳥風のナニカではなく、まんま炭火焼鳥を乾燥させたというモノでして、鶏肉には親鳥が使用されています。

親鳥といえば「秋吉の純けい」を思い出す北陸人は少なくないと思いますが、親鳥ってあの独特のコリコリ感と噛みしめるとにじみ出る旨味がたまらないんですよね~

 

カロリーも1袋あたり61kcalしかないので、ダイエットは明日からと思っている人でも遠慮なく食べられますね。

・・・って、20gしかないんか~い!!

では早速いただいてみましょう。

 

あれ・・・!?

チャックがついている!?こんな小さな商品なのに!?

「まったまたそんな大げさな~(^m^)」。思わずそう思ったぼく。

この直後、これが大げさでもなんでもないことが如実に証明されてしまうのですが・・・

 

 

ズサーーーーーっとな。

 

 

す・・・ 少ねえ・・・

 

 

缶ルービーと比較してもその少なさは明らか。

 

 

めっちゃ硬そう・・・

 

 

では、いっただっきま~~っす!!!

 

ガリッ・・・

 

かってええええぇぇ~!!!!なんじゃこの硬さは!!

こんな硬い食べ物ってちょっとないぞ。これほど硬い食べ物ってこれかあたりめかという感じ。

 

が、しかし・・・・

 

噛み締めていくとカチコチだったブツが徐々に水分を含んで柔らかくなっていき、少しずつ本来の炭火焼鳥の味わいを取り戻していきます。

 

そしてさらに、噛む・・・ 噛む・・・ 噛む・・・!!!

 

噛めば噛むほど、旨味がじゅんじゅわ~と油田のごとく湧き上がってくるのです。

うむ、いいじゃないか。気に入ったぞよ!

で、なんで20gの商品にチャックがついているのかというと、勘のいい読者の皆さんは既にお気づきかと思いますが、硬すぎて噛みつかれてくるからということに他なりません。

つまり、この20gの商品(ひつこい)を一度に食べるのはしんどいということで、チャックがついて保管できるようになっているのです。

酒飲みの立場からしてみたら、ゆっくり時間をかけて食べられるこの商品は素晴らしい酒の友になり得ることでしょう。

バッグの中に入れておけばいつでもどこでも食べられるし、なんならお風呂にも持ち込めるし、枕の下に忍ばせておけば寝ていて不意に焼き鳥が食べたくなったときにも対応できますよね。

 

まあもちろん食べきっちゃうよね。

 

今度見かけたらまとめ買いしょ~っと。

 

価格は税込み158円ドラッグストアコスモスと通販で購入できますぞ!

2 COMMENTS

アバター s

初めてコメントします。
同じような商品で、
やみつきホルモンという
乾燥させた豚のハツとガツが
入っている商品があって
美味しいのでおすすめです。
セブンイレブンに売っています。

返信する
あるのん あるのん

sさん、こんにちは。
初コメおめでt・・・ありがとうございます!
やみつきホルモンもせんじ肉も美味しいですよね~
もちろん大好きです!
今回のはよく見かけるホルモンではなく焼き鳥であったことと、どこでも買えるわけではないレアな商品ということもあり、ぜひ皆様にお知らせしたくて記事にしました。

返信する

コメントを残す