スーパーセンタープラントの「PLANT-◯」に付く数字の意味とは?

ども、富山人あるのんです。

富山人ならみ~んな大好きPLANT-3。

広大な売り場と駐車場、あの圧倒的な品揃えの数々は、我々の購買意欲を否が応にも促進させてくれる買い物が楽しいスーパーセンターです。

PLANT-3外観

PLANT ここが魅力
・安すぎる自販機

PLANT-3自販機

ズラッと並ぶ自販機の中には「50円均一」のものもあり、安すぎて心配になるレベル。

PLANT ここが魅力
・広大な売り場

PLANT-3店内

どこまでも続く売り場に「地平線が見えるのでは?」と、つい奥まで見渡してしまいます。

PLANT ここが魅力
・充実の鮮魚コーナー

PLANT-3鮮魚コーナー

鮮魚はもちろん魚の加工品も実に豊富。

PLANT ここが魅力
・安くて品数豊富な惣菜バイキング

PLANT-3惣菜バイキング

100g100円の惣菜バイキング。値段が安いのも魅力的だけど、品数がすさまじいので迷うこと必至。税込価格なのも嬉しい。

PLANT ここが魅力
・食品廃棄撲滅キャンペーン

PLANT-3食品廃棄撲滅キャンペーン

賞味期限が近づいた近づいた品々が集められ、これらを5個以上購入すると粗品が進呈されるという素敵にエコな取り組みが行われています。

食品撲滅キャンペーンの粗品

とまあ、このように魅力的なPLANT-3ですが、この「PLANT-3」の「3」の数字の意味は皆さんご存知でしょうか?

PLANT-◯は店舗によって入る数字が違う

SUPER CENTER PLANTは、福井(本社)・石川・富山・新潟・鳥取・岐阜・三重・福島・京都・岡山・香川・兵庫・島根にあり、全国各地に計20店を構える大型スーパーセンターです。

富山や石川にはPLANT-3がありますが、他県には「PLANT-2」や「PLANT-5」があったり、さらにその他の数字のPLANTも存在しているのです。

このPLANT-◯に入る数字は売り場面識の規模を示すもので、この数字が大きければ店舗の規模がより大きいということになります。

売り場面積の大きさは数字×1000坪が目安になるとのこと。(wikipediaより)

普段、富山の人が県外へ遊びに行くときは石川県が多いので、PLANT-3以外のPLANTを見る機会はなかなかないのではないと思います。

ぼくもその存在を初めて知ったのは、今から10年ほど前に新潟へ遊びに行ったときです。地元の酒屋のおばちゃんと話してたときに何の話の流れだったかは忘れたけど、富山のPLANT-3の話が出たんですね。

そのとき、おばちゃんから

 

おばちゃん「そういえば富山って、PLANT-3までしかないんでしたよね(^m^)ププ」

 

と完全に小馬鹿にされたことを、きっとぼくは一生忘れないと思います。

 

ということで、他にどんなプラントがあるのか見ていきましょう。

PLANT-1 鯖江店

福井県鯖江市糺町13-8

ぱっと見、ホームセンターのようにも見えますね。

確かに規模が小さめであるということが外観からも伝わってきます。

PLANT-2 上中店

福井県三方上中郡若狭町脇袋11号12番地1

画像引用:SUPER CENTER PLANT

店舗の外観を見比べても、グンと大きくなっていることが見て取れます。

PLANT-3 滑川店

富山県滑川市上島460-1

画像引用:SUPER CENTER PLANT

PLANT-2と見比べると、扱うジャンルに差は感じられないものの、それぞれちょっとだけ規模が大きくなっているようです。

PLANT-4 聖籠店

新潟県北蒲原郡聖籠町大字蓮野字西山708番

画像引用:SUPER CENTER PLANT

見た目に垢抜けた感があるというか、ショッピングセンターっぽくなっていますね。

PLANT-3にはなかった、キッズルーム・フードコート・書店・65才以上が無料で集えるサロンなどがあります。

PLANT-5 見附店

新潟県見附市上新田町725番1

画像引用:SUPER CENTER PLANT

新潟のPLANT-5にはぼくも行ったことがあります。

おばちゃんに小馬鹿にされた後に半泣きで寄ってみたのですが、もうこの規模まで来ると建物の作りもお店の規模もショッピングセンターでした。

PLANTは5が一番大きいのか?

いいえ、岐阜県にはなんと、PLANT-6があるのです!

PLANT-6 瑞穂店6

岐阜県瑞穂市犀川5丁目38

画像引用:SUPER CENTER PLANT

もはやここまで来ると素人にはその差がわかりにくいですが、PLANT-5にはなかった美容室や整骨院などもあり、各売り場の面積もより大きかったりしているようです。

まとめ

ぜひ富山の黒部あたりにPLANT-7を作っていただけないものでしょうか。このあるのん、一生のお願いです。どうか、どうかよろしくお願いいたします。

あのときのおばちゃんにドヤ顔キメたいんです。

そのようなことを考えていたところ、法改正によって2013年にオープンした志摩店からは数字が付かない店舗を展開していて、富山PLANT-7計画は永遠に叶わぬ夢であることを知ったのは、そう遠くない未来の出来事でありましたとさ。

コメントを残す