【ラカンカ食堂】面白いラインナップの自販機で○○を買ってみた

こんにちは、富山人あるのんです。

富山市大島町を徘徊していたときのこと。

大喜大島店前に「ラカンカ食堂」なる見慣れない看板を発見しました。

ラカンカ食堂

気になって敷地内に入ってみると・・・

自販機が並んでいます。

どうやら「ラカンカ食堂」とはこの自販機ことらしい。

え、ちょっと待って!!

ここって以前「Cafeラカンカ」があったところだよね?なんということでしょう・・・

 

Cafeが自販機になっちまった!

 

まあでも自販機なら365日24時間絶え間なくサービスを提供できるので、より多くの人に利用してもらえるのであればそれに越したことはないですよね。

いったいどんなものが売られているのでしょうか。

ラカンカ食堂の商品ラインナップ

2台並んでいるうちの右側は、大喜大島店の中華そばと餃子で占められています。餃子美味しそう・・・

左側は「ライスバーガー、チャーシュー、チャーシュー丼、海鮮丼の具、タイカレー」と、こちらは実にバラエティ豊かな品揃えとなっています。

この富山ブラックライスバーガーはめっちゃうまそうです。元々富山ブラックにはご飯がめっちゃ合いますからね。

海鮮系のメニューは「海鮮丼の具」のみの提供でご飯や薬味などは入っていません。

それにしても生しらすや桜えびって激シブすぎせんか?富山人にはそれほどメジャーではないニッチな食材で攻めてみた感じでしょうか。

カレーは桜木町にあるタイ料理専門店「喃楽」(なんらく)による本格タイカレーとのこと。

ぼくも以前このお店には行ったことがあります。

喃楽の料理

そのときカレーは食べてなかったのですが、ラカンカ食堂のタイカレーは2人前入ってるとのことで、1人ならかなりガッツリ楽しめそうです。

購入方法

  1. モニターの画面をタッチ
  2. 商品選択画面で買いたい商品をタッチする
  3. お金を入れて「買う」をタッチする
  4. 途中で購入をキャンセルするときは「戻る」または「やめる」をタッチする

※購入後は取出口の照明がついてから商品を取り出してください。点灯前に手を入れると搬出がストップします。

さてと、何を買ってみようかな。

これだけジャンルがバラけていると結構迷いますよ。

今回はお試しでチャーシュー丼にしてみました。レンジでチンするだけなのが購入の決め手でしょうか。

チャーシュー丼 ¥700

チンしてふたを開けてみると、ご飯とチャーシューの間にシートが敷いてあります。チャーシューをおさえつつシートを引っ張りましょう。

大喜大島店のチャーシューは丼用の濃い味付けにしてあり、ご飯は白飯ではなくガーリックライスという仕様。かなりのこってり感が楽しめます。

なんならチャーシュ丼をおかずに白米を食べる・・・なんてこともこのチャー丼なら可能かもしれません。ぼくはやらないですけど。

サイズはこぶりでボリューム的にちょっと割高感はありますが、自販機は色々と面白い品揃えになっているのでまたぜひ何か購入してみたいと思います。

おわりに

それにしても、最近は富山県内にいろんな面白い自販機が登場していますよね。

新型コロナの影響は当然あるのでしょうが、誰か仕掛け人でもいるんでしょうかねえ?

我々消費者にとっては、いつでも買えて商品の選択肢が広がるというのはありがたい話ですから、今後もどんな面白い自販機が登場するのか楽しみです。

ラカンカ食堂

住所:富山市大島1丁目135

コメントを残す