【麺処スパロー】昭和30年頃からの人気メニュー『カレー中華』を満喫

こんにちは、富山人あるのんです。

「スパロー」といえば新湊エリアでは有名なお店なので、ご存知の人はきっと多いことでしょう。

店内には、実家がすぐ近くで子どもの頃から通い詰めたという立川志の輔師匠の色紙が飾られていたり、『痛快!明石家電視台』のロケでは柴田理恵さん、明石家さんまさん、次長課長の河本さんらも訪れています。

創業が昭和28年という老舗店なので昔から有名なお店だったのですが、ぼくは密かに初訪問なのです。

スパローの前の道

下町っぽさを残したちょっぴり狭い裏通りにそのお店はあります。

店舗外観

昔ながらの食堂っぽさを残しつつ、わりと主張したこの感じが富山人にはちょっと新鮮に写りますね。

店舗内観

予想通り、店内は昔懐かしい雰囲気でした。

12時台はほぼ満席状態で、小さなお店ながら店内は活気に包まれています。

メニュー

メニュー

食堂にありそうなメニューは一通りあるといった感じですね。

うどん500円そば550円に対し、そうめんが700円というのがかなり気になるところではありますが、ここはやはり一番人気のあのメニューをいただいてみることにします。

しかしお店が忙しいこともあって、厨房からなかなか人が出てこない。

すると、後から入店してきた常連と思わしき人が大きな声で「ラーメンとおにぎり!!」というと注文が通りました。

なるほど、そういう有無を言わさないオーダーの通し方があるのか・・・これは参考にせねばなるまいて!ということで、ぼくはちょっとだけ待って、お店の人が配膳にやってきたどさくさに紛れてのオーダーでした。

カレー中華 800円

このメニューは先代によって昭和30年頃に考案されたメニューということで、この年季の入りようは筋金入りというものです。

カレー中華

このなみなみとした盛り!こんな超こぼれそうなのに、お盆にも乗せられずに運ばれてきましたよ。

でもまったくこぼれている様子はありません。

その理由はスープをすくってみるとハッキリわかります。

カレー中華のスープ

このドロドロ感たるや!

これはスープというよりはもはやスライムカレー餡です。

このドロドロ感により、あふれそうなスープがこぼれずにいられるのです。

鰹系の魚介だしにスパイスを数種合わせたというカレースープはほんのり辛く、素朴ながら後を引くクセになる味わいです。

カレー中華の麺

餡のとろみによって麺を持ち上げることは困難で、この画像くらいが正直限界。

これ以上持ち上げようとすると、この細麺がどこで暴発するかわからないという危険性をはらんでいます。

カレー中華用のエプロン

ぼくはノーガード戦法でいきましたが、カレー中華用のエプロンもありますので活用していきましょう。

この麺と餡の絶妙な絡み具合は病みつきになりそうです。

具は歯ごたえの良い青ネギと薄切り牛肉で、シンプルでありながらこのカレー中華に華を添えています。

カレー中華のとろみのないスープ

食べ進めていくと、スープの下の方はシャバシャバになっていました。

最後の一滴までおいしくいただけて、どうもごちそうさまでした!

駐車場

スパローの駐車場はお店の正面から大通りに出たところにあります。

一見いっぱい停められそうな気がしますが、スパローの駐車場としては3台分なので注意しましょう。

駐車場

一応3台分とはいえ、一番右端はちょっと狭くて停めれて経四くらいかなという印象でした。

もしこの駐車場が埋まってたら数分だけ歩きますが、近くに「山王町公園」の駐車場もあるのでそちらを利用するのもおすすめです。

まとめ

一番人気のカレー中華は一見シンプルな食べ物ですが、60有余年もの歴史あるメニューであり、また食べたくなる不思議な魅力にあふれた食べ物でした。

まだ行ったことがないという人や、そういえば久しく行ってないなあという人にも、この機会にぜひ訪れてみてほしいと思いますね。

さあ、みんなでスパローぜ!

麺処 スパロー

住所:富山県射水市立町4-15

電話:0766-82-2592

営業時間:11:00~21:00

定休日:月曜日

コメントを残す