【高田屋】昼は蕎麦ランチ、夜は蕎麦居酒屋で名物そば刺しを満喫する

ども、富山人あるのんです。

日本一「ごま蕎麦」を多く提供しているという「高田屋」に行ってきました。

昼は蕎麦ランチ、夜は激シブの居酒屋としても楽しめるお店です。

高田屋は全国に34店ありますが、富山県内には富山市と高岡市に2店舗があります。

日本料理ごまそば高田屋 富山神島リビング店

高田屋富山神島リビング店の外観

ランチメニュー

ランチメニュー1
画像引用:高田屋

ランチメニュー2画像引用:高田屋

さすが全国各地にあるというだけあって、どれも魅力的なメニューばかりです。

高田屋のこだわり
  • 各店舗にて製麺する蕎麦は打ち立て、茹でたて、締めたて。
  • 更科粉に黒ごまを練り込んだ蕎麦は風味抜群。
  • 高田屋の出汁をベースにかえしを加えた特製つゆ。化学調味料無添加。

まあ、とりあえず食べてみるならやっぱこのあたりかなと。

■野菜天せいろ 1,180円

野菜天せいろ

蕎麦

このそばの特徴はやはりなんといってもごまの香ばしさ。

ごまと蕎麦の親和性の高さは既に知ってはいましたが、蕎麦そのものにごまを練り込んだというものはそうそう見かけません。

わさび

わさびは直接自分でおろしたものがいただけるのです。なんという贅沢!

わさびの鮮烈な香りも楽しめて、より気持ちが高揚していくのを感じます。

■本日の海鮮ちらしとごまそばのセット 1,140円

本日の海鮮ちらしとごまそばのセット

蕎麦と海鮮丼が食べられる夢のようなセットですぞ。

海鮮ちらし

密かに、意外と富山県民が食べる機会の少ない海鮮丼。

富山人は刺身や寿司は大好きなわりに、海鮮丼が食べられるお店はそう多くないので、海鮮丼が食べられるというのはちょっと新鮮です。

2つ上の画像の左下にさり気なく存在する「能作」のぐい呑を発見できた人はお目が高い。

能作と日本酒

もちろん食後はもちろんこれで〆ッ!!

■そば湯

そば湯

食べきった後は、わっかりやすいことこの上ない、ポットに入ったそば湯をいただいてほっこりしましょう。

魅力的な夜のメニュー

蕎麦屋って昼間しかやってないイメージが強いのですが、こちらはもちろん夜もやっています。

いや、むしろ夜からが本番といえるかもしれません。

北前そば高田屋 末広店

北前そば高田屋末広店の外観

今度は高岡駅前のほうに来てみました。

魅力的な定番メニューの他に本日のおすすめメニューもあって、ついつい目が釘付けになってしまいます。

本日のおすすめ

日本酒も全国各地のものが揃っていて、とても魅惑的。

夜の定番メニューの種類や値段は、各店舗によって違うものもあるとのことです。

この日は2軒めということもあって、肴メニュー中心でオーダーしてみました。

北前そば高田屋末広店の内観

店内は日本的な雰囲気が強調されています。

カウンターとテーブル席があって、奥には個室もあるので気軽に立ち寄ることもできるし、大事な人としっぽりと飲むお店としても適していると思います。(ちなみにこの後満席になりました)

■付き出し

付き出し

肉肉な付き出しですが、味が濃いのでちょっとずつ食べられる肴としてもいい感じ。

■活いかの沖漬け 380円

活いかの沖漬け

うおおおぉ!!これは確かに沖漬けの味!

富山人的には沖漬けといえばホタルイカ一択ですが、このイカの沖漬けも絶品珍味でした。

活いかの沖漬けアップ

沖漬けとは水揚げ直後に漬け込むので鮮度も抜群。ワタも入っていて味わいも濃厚。

長く楽しみたいからもっと細かく切ってほしい…←甘え

■自家製蕎麦味噌 280円

自家製蕎麦味噌

見た目を裏切らない濃厚な味わい。

ちょいちょいと舐めながらいただける系って好きなんですよね。お腹がいっぱいでも楽しめますから。

■真いかゴロ焼き 880円

真いかゴロ焼き

「ゴロ」というのは内臓のこと。

内蔵を絡めて焼いたらそらうまいに決まってますがな!

マニュアルによると…

  • バターが溶け出してしんなりしてきたら混ぜる
  • 火が通り、イカが白くなってきたら食べごろ

とのこと。

第一形態

バターが溶け出し、全体的にイカが白くなってきました。

うーん、まだまだ。

第二形態

本来ならば、多分このあたりが食べごろかと。

でもちょっと味が薄め?

とうことで、勝負はまだまだこれからだ!

最終形態

あっじ濃ゆ~~い!!!

いい感じに煮詰まって、まさにすんばらしい肴となりました。(実はちょっと醤油も足したけど)

ゴロの味が素晴らしくて汁だけチョビチョビ舐めていてもお酒が進みます。

いやもう、この余った汁にチクワとか投入して煮込みたい気分でいっぱいでした。


では最後に、高田屋の名物メニューで〆たいと思います。

■蕎麦刺し 480円

蕎麦刺しなるメニューが目に入った瞬間から、もう頼むことは決まっていました。

日本人は「刺し身」の魅力に抗うことはできないのです。

蕎麦刺し

こ、これが蕎麦刺しか!!

薄くて硬いコンニャクに見えないこともないけど、確かにこれは刺し身っぽいですよ。

蕎麦差しアップ

食べてみると、けっこう硬い。

けど舌触りは滑らかだし蕎麦の風味もしっかりあってうまい。

この硬さだと、半分の大きさに切ってもらったほうが食べやすいし、それでもしっかり味もわかるというものだけど、でもこの形のほうが絵面がいいしね~。

まとめ

ごまそば高田屋は、昼間は高級感のある蕎麦ランチが楽しめるし、夜は海鮮系も存分に満喫できる蕎麦居酒屋となり、このお店はいろんなシーンで利用できる素敵なお店でした。

このお店が富山駅前にもあったらなあ~~

参考 ごまそば高田屋 – 美味しい蕎麦と選りすぐりの逸品を高田屋

コメントを残す