【富山eスポーツ】第2回対戦会イベント(4/29~4/30)はなんと若鶴酒造とのコラボ!!

全国のeスポーツゲーマーの皆さまに知ってほしいイベントが富山で開催されます。

そのイベントとは、2017年4月29日~30日にかけて行われる「Toyama Gamers Day 2017 -Spring-」です。

昨年の12月に行われた第1回イベントでは県内外から多くのプレイヤーが参加し、富山初のeスポーツイベントとは思えない運営と盛況っぷりでした。

ども、富山人あるのんです。 12月11日に開催された富山県eスポーツ協会による対戦交流イベント「Toyama Gamers Day」に参加...

そもそもeスポーツって何?

eスポーツとは「エレクトリックスポーツ」の略称で、「プレイヤーの行動をデジタル化してコンピュータ上で競技するスポーツ」のことをいいます。 もっと噛み砕いていうなら、複数のプレイヤーによる対戦型のコンピュータゲームということです。

eスポーツのジャンルは、格闘ゲーム、スポーツゲーム、レーシングゲーム、パズルゲーム、FPS、MOBA、RTSなどがあります。

欧米や韓国では数多くのプロが存在し、観衆が熱狂するスポーツとして広く認知されていますが、日本でのeスポーツの認知度はまだ低いと言わざるを得ません。

日本でも近年に多くのプロ選手が誕生し、日本eスポーツ協会(JeSPA)も2015年に設立されたことで、今後のさらなる盛り上がりに期待せざるを得ませんね。

Toyama Gamers Day 2017 -Spring-

さて話を戻しまして、富山で行われる今回のイベントですが、なんと、なんと、富山の有名な酒蔵の若鶴酒造とのコラボなんです!

会場は若鶴酒造内にある大正蔵!!

初めて知ったときは正直目を疑っちゃいましたよ。だって若鶴酒造の創業が文久2年(1862年)で150年を超える老舗蔵ですよ。日本の古き伝統文化を継承する酒蔵と、次代の文化であるeスポーツがこんなところで交わるなんて誰が想像できるしょうか。

日本ではもちろんのこと、世界的にも非常に珍しいイベントではないでしょうか。それが富山県の若鶴酒造内にある大正蔵(大正11年に建造)で行われるのです。もちろん蔵で醸された旨い地酒も飲めます。

Tomokoさん(@toomoo0409)がシェアした投稿

■お酒を呑みながら対戦なんて出来るの?

はい、できます!

ぼくはかつて家庭用スト4のしたらば掲示板で『酒呑みながらバトってるやつら』スレの常連だったこともあり、酒飲みながら対戦する勢としてはドストライク企画であります。

そしてさらにこのイベントは

地酒も飲める対戦会が、大正蔵でオールナイトで行われます。

酒蔵でオールナイトで行われるeスポーツ対戦会イベント……

すごすぎる!!としかもはや言えない。

ゲームタイトル

現在準備中とのことですが、今のところ決まっているタイトルは

■格闘ゲーム

・GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

・BLAZBLUE CENTRALFICTION

・準備中、順次公開します。

※PS4対戦台を8台準備予定。アーケードコントローラーも台数分有りますが、持参して使用してもOKです。

■デジタルカードゲーム

・Shadowverse

・Hearthstone

※各自ご自身の端末でプレイして下さい。Wifi環境はありますが混雑が予想されます。

■スポーツゲーム

・準備中

※対戦台を2台準備予定。

これからさらにタイトルは増えていくとのことですし、各自で持ち込みも可能とのことです。(事前の申し込みが必要)稼働タイトルが分かり次第公式WEBサイトで公表されるとのことなので、楽しみに待つことにしましょう。

参加方法

参加するにはチケットを購入する必要があります。当日でも購入できるとのことですが、参加人数に上限があるため、確実に参加するなら事前に購入しておくことを強くおすすめします。

昨夜よりチケットの販売が開始されました。

チケットには種類があり、大ざっぱにわけると以下の3種。

・お酒を飲むか飲まないか
・ゲームを持ち込むか持ち込まないか
・1日だけの参加か2日参加するか

目的により値段が変わってきます。一番高くても2日とも参加してお酒も飲んで2,500円なのでとっても良心的な価格ではないでしょうか。

支払いはネット通販でもおなじみの、クレジットカードかコンビニの端末機を操作しての支払いになります。

ぼくもさっそく申し込みをしてコンビニへ行ってきました。

オールナイトパス最初の購入者あるのん。

若鶴酒造について

若鶴酒造は個人的にとても思い入れの強い酒蔵です。

富山では大きな方の酒蔵でありながら昔ながらの伝統的な酒造りにこだわり、蔵での温度管理はもちろん販売店にも冷蔵管理を徹底させる『苗加屋』ブランドもあるなど、高い品質のお酒を醸し続けています。

そしてこの若鶴酒造ではお酒を造っているだけでなく、消費者にもっとお酒を気軽に楽しんでもらおう、この素晴らしい文化をもっと知ってもらおうとする企画やイベントが精力的に行われています。

いったいどんな催しがあるのかというと

■蔵祭り
毎年5月に行われる蔵の敷地内で行われるお祭り。
・模擬店(洋風おつまみ・焼きそば・焼き鳥・岩魚の塩焼き・お酒・ジュース等)
・蔵見学ツアー
・きき酒コンテスト
・アトラクション
・当日のみの限定酒販売

お得な価格で旨い酒や肴がいただけるとても楽しいイベントです。何度か行ったことがありますが、蔵内でいただいた一杯100円の純米吟醸生の味が今だ忘れられません。

■酒楽塾
酒造りの体験、座学、試飲を通じてお酒のことをより深く知ることが出来ます。毎年開催されていて3回に分けて行われます。

何を隠そう、ぼくは酒楽塾の第四期生です。とっても中身の濃い内容で、気持ち的にはまた参加してみたいと思ってるくらいです。おいしいお酒もいっぱい飲めました。

■酒楽倶楽部
酒楽塾を卒業すると酒楽倶楽部の会員になることができ、年に数度、懇親会や集会が行われています。
たとえば「純米大吟醸を味わう会」など、蔵で出来たばかりのおいしいお酒を飲んだり、参加者との交流を深めたりできる貴重な機会です。

ぼくは仕事の休みが変わってしまってからはあまり参加できなくなってしまいましたが、十数年たっても今だ出欠の確認を往復はがきで送ってくれるその心遣いに、ありがたいやら申し訳ないやらの気持ちでいっぱいです。

若鶴酒造WEBサイト

まとめ

今回のイベントは日本でももちろん、世界でもニュースになってもおかしくない素晴しい内容です。開催日は4月29日の午後~4月30日の夕方までということで、GWの前半に突入している人もいらっしゃることでしょう。

今回のイベントでは全国からやってくる人は多いと思われますので、早めのチケット購入を心がけましょう。

どんなイベントになるのか、何が待ち受けているのか、今回ぼくは新たな歴史の生き証人となってこようと思います。

参加者同士の交流や、eスポーツのさらなる発展を望みながら期待に胸を膨らませていきましょう!

タイムスケジュール

■Day1(4月29日)
13:00 ~ 開場、受付開始
14:00 ~ 開会式

~22:00頃まで、対戦や交流を促進するイベントを行います。
(翌日の10:00まで、更に自由に交流や対戦を楽しんで下さい!! ミニ大会も継続して行います。オールナイトを存分に楽しみましょう!!)

■Day2(4月30日)
10:00 ~ 時間の許す限り、各種対戦・交流イベントの開催します。
16:00 ~ 閉会式
■会場
若鶴酒造大正蔵(駐車場有り)
※飲酒運転は絶対に駄目!
住所:〒939-1308 富山県砺波市三郎丸208
(城端線 油田駅 徒歩1分)

詳しい情報はこちらから↓

Twitter:富山県eスポーツ協会 official

Toyama Gamers Day 2017 -Spring-

富山県eスポーツ協会

※今回使用した画像の一部は富山eスポーツ協会から許可を得て使用させていただきました

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

こちらからもシェアできます

関連コンテンツ

コメント

  1. umt より:

    シャドバプレーヤーの自分としては興味深々ではありますが、遠い…奈良からだと6時間近くかかります。オールナイトで誰かとゲームとか激アツですね。

    • あるのん より:

      シャドバ勢の方でしたか!
      この日はゴールデンウィークスタート時のテンション高いときなので勢いで来るしか!w
      お酒飲んだら早々と寝てしまいそうですが楽しみです(^-^)

      • 匿名 より:

        29日が仕事明けか休みなら行きたかったです( T_T)次の機会があればぜひ参加させて頂きたいですね( ´ ▽ ` )
        感想のブログお待ちしてます。

        • umt より:

          名前が匿名担ってました。
          すみません。

          • あるのん より:

            ありがとうございますw
            そうそう大型連休ってわけにもいかないですよね(T-T)
            酔っ払って早々眠くなって~みたいな流れになりそうな気がしないでもないですが、とても楽しみです。