グルメマップ一覧

【富乃家】内川エリアに本格広島風お好み焼き店がオープン!

こんにちは、富山人あるのんです。

誰が言ったのか、「日本のベニス」と呼ばれて久しい観光名所が射水市にあります。

そう、有名な観光スポットである射水市の内川エリアです。

風情ある景色はどこか懐かしく、まるで映画のワンシーンのようです。実際映画のロケにも使われましたけども。

景色もさることながら趣のあるお店も色々あって、ぜひ海王丸パークとセットで訪れてみてほしい観光スポットとなっています。

※観光遊覧船は海王丸パークから乗ることができます

【新湊観光船】副船長のみーちゃんと行く内川遊覧&12の橋巡り

そんな内川エリアにこの10月初旬、新たなグルメスポットが誕生しました。

本場の広島風お好み焼きを提供する「富乃家」というお店です。

まず駐車場ですが、内川散策のための観光客専用駐車場がお店のすぐ近くにあるので、車の人はぜひこちらをご利用ください。

駐車場から階段を降りて、海側へ約20mほど進んだところにそのお店はあります。

射水市放生津町の内川沿いで3日、かつて漁師の番屋として使われていた築約90年の建物が、お好み焼き店に生まれ変わる。広島県東広島市から射水市に移住した明石富男さん(70)が、40年にわたって広島で焼き続けた腕前を発揮し、本場の味を届ける。

引用:北國新聞

北國新聞の記事によると、「cafe uchikawa六角堂」を経営する息子さんの呼びかけによって移住を決意されたとのこと。

富山を好きになってくれたら嬉しいですよねえ。

暖簾をくぐると、かつて漁師の番屋(詰所)だった面影はもはやなく、とってもおしゃれにリフォームされています。

え、開店直後に来たというのに、既にもう3人も先客がいるじゃないですか。

しかもそのうちの1人は、昨日訪れたら既にいっぱいだったので諦めて翌日1番に訪れてみたとのこと。それだけ注目度が高いということかもしれませんね。

席がカウンター6席のみという小さなお店なので、既にもうほぼ満席に近い状態といって過言ではないでしょう。(3分の2という話もあるけど)

メニュー

メニューに赤いヘラのマークがついたものはすべてテイクアウトが可能です。

厨房の隅には、既にテイクアウト用のパックに詰められたお好み焼きが複数見られました。

もちろんお店で食べるのが一番おいしいとは思いますが、席数のこともあるし持ち帰って楽しむというのも全然アリですね。

で、何を食べるかですが、車でなければそりゃ串も天ぷらもビールもいただきたいところですが、今回は車なので一番おおすすめという「お好み焼き(そば)」を注文してみました。

広島風お好み焼きとは?

ところで皆さん、何をもって広島風お好み焼きというかご存知ですか!?

 

えっ・・・ まさか、知らない!!?

 

まあ隣の席の紳士も知らなかったし、富山の人は知らなくても別に恥ずかしいことではないと思います。

 

 もちろんぼくもその中の1人ですが。

 

作るところを見ていけば何かわかるかも知れない。今日は社会勉強させていただきます!

うーむ・・・ なんだかぼくが知ってるお好み焼きと全然ちがう・・・

大阪風の「ほぼ全てを粉に混ぜて焼く」スタイルと違い、いくつかの工程を踏みながら焼いていきます。

うっすい生地を焼いたあと、キャベツと豚バラ肉を乗せてひっくり返します。

これだけのお好み焼きならめっちゃ軽いですよね。3時のおやつにちょうど良さそうで、文明堂の視線が気になるところ。

お好み焼きと同時進行で焼きそばも焼かれています。

こちらの海鮮系具材は「お好み焼きスペシャル」用とのことです。

お好み焼きスペシャルは、通常のお好み焼きに海鮮のトッピングが追加されたもので、お好み焼きそのもののボリュームは変わりません。

お好み焼きが程よく焼けたところで生卵を鉄板に投入し、ヘラでちゃちゃっと混ぜ合わせます。(スペシャルは海鮮具材を玉子の上に乗せます)

お好み焼きをひっくり返し粉面を下に戻したところで、その上に焼いた玉子を乗っけて四つ切りにします。

いよいよ完成間近っぽい!

鉄板の上に下駄を置き、その上に皿を乗っけてソース・マヨ・青のり・紅生姜を投入。

鉄板の上でわざわざこれをやるというのがなんだか面白いですよね。

マヨネーズはかけるかどうかいちいち聞いてくれるので、マヨが苦手な人はここでNOといえる日本人になりましょう。

お好み焼き そば 850円(税込)

うーむ・・・ これはうまそうだ!!

今まで見知っていた粉粉のお好み焼きとは全然ちがう雰囲気で、これが40年もの歴史ある本場広島風のお好み焼きというものなのでしょう。

上から、玉子→焼きそば→キャベツ→豚肉→小麦粉という階層になってます。

ああ・・・ こりゃうめえ・・・・・

食材を混ぜていないことによって、それぞれの具材の感触と味わいが活かされています。

ソースの味がまたよくて、酸味の強い味わいがお好み焼き全体をもり立てます。

お好み焼きそのものはふわっとして柔らかいけど、箸で切ろうとするとこの焼きそばがときにカリッとして、ときにモチっとして、なかなか箸で断ち切ることが難しい。

家なら皿を持ってかぶりつくのですが、さすがに店でそれをやるとお里が知れてしまいます。

大阪のように小ベラが付いてくると好きな大きさに切れて食べやすくなるのですが、箸で上手に食べるコツでもあるんですかねえ。(聞けばよかった)

これは今までにありそうで味わったことのないお好み焼きでした。

どうもごちそうさまでした!

富乃家 まとめ

初めて食べた広島風のお好み焼きは、ぼくが今までに食べてきたお好み焼きとは全く違うものでした

富山では本格的な広島風お好み焼きのお店が少ないということもあり、これからより人気が出るお店になるのではないかと予感しています。

内川観光と、広島風お好み焼き。

一見関連性がないように見えて、実はとても相性がいいのではないかと思っています。

広島もベニスも海に面しているのでいわば兄弟のようなもの。

富山の珍しい風景とお好み焼きは、これからの新しい内川名物としてきっと定着していくことでしょう。

いや~、社会勉強っておいしいなあ~(^_^)

広島風お好み焼き 富乃家

住所:富山県射水市放生津町20-6

電話:0766-75-4064
営業時間:11:00~14:00 16:00~20:00

定休日:水曜日

8 COMMENTS

てつひろ

お好み焼きの「そばうどん抜き」はメニューに無いのですかね。血糖値コントロールしている人や、糖質コントロールダイエットしている人には、とても喜ばれるメニューだと思います。

返信する
あるのん

てつひろさん、こんにちは。
麺ぬ抜きは言えばやってもらえる気はしますが、広島風は麺を入れるのがスタンダードのようなので、あえてメニューに入れることはないのかもしれません。
麺抜きはさっぱりさが増しておやつにもバッチグー(死語)でしょうね!

返信する
少々

魅力的すぎます
食べたい食べたい食べたい
射水は遠いんで今日の夕飯は和光ちゃんかな。。

返信する
あるのん

少々さん、こんにちは。
和光ちゃんも広島焼きで有名なお店ですよね。
行ったことないので今度行ってこようと思っています。
少々さんは今夜は和光ちゃんとして、今週末あたり内川散策ですかね?(笑)

返信する
にざんさ

ヤバい記事を見てしまいました^^;
北陸では本格的な広島焼が食べられるお店が少ないですからね~^^;
これは石川県からも車を飛ばして食べに行かねば^^

返信する
あるのん

にざんささん、こんにちは。
石川県にも広島風はあまりないのですね。
関西風お好み焼きほど重たくないので、だいきの連食も行けるのでは?(笑)

返信する
あるのん

ゆう☆がくさん、こんにちは。
おお、さっそく行ってこられましたか!
気にいっていただけてよかったです。

返信する

コメントを残す