【ブログ200記事達成】100記事と200記事で何が変わったのか

ども、富山人あるのんです。

このブログもやっと200記事に到達しました。ブログ界では初心者に対し「まず100記事かけ!話はそれからだ」やら、「とにかく毎日書け!」やら、もうひたすら体育会系のノリでオッスオッスな脳筋スタイルなんですがすんません、毎日はとても無理でしたオッス!

ブログ始めたのが昨年末なので、もう10ヶ月が経過したんだなあ。毎日書いてれば半年ほどで200記事になるので、ガチブロガーの方からするともう甘すぎて君に胸キュン!!でしょうね。まあ正直、取材中心の記事は効率はよろしくないなあというのはあるけどね。まあおいしいもの食べるのは趣味みたいなもんなのでオッケーオッケー。

これまでの最大月間PV数12万PV

富山県内からのアクセス率ほぼ3割

コメント数200記事に対して734

いつもコメントありがとうございます。コメントの半分は自分ですが、コメントは記事を書くモチベーションにつながっております。感謝感謝!

長かったのか短かったのかわからない10ヶ月でしたが、100記事達成時と200達成時では思う部分も変わってきたので、今回はその部分をちょろっと書いてみたいと思います。

100記事達成時

ブログ開始当初は「とにかく記事をふやす」ということでがむしゃらに書いていきました。「何をネタにすればいいのか」「タイトルはどんなワードを含めるか」「どっち方面の内容にするか」など日々模索してましたね。(今も大きくは変わってないけど)SEOなど意識しようにも何もノウハウがないので、もうとにかく書いていった感が強かったです。

以下は100記事達成した時に書いた記事より抜粋

1. PV(ページビュー)が増える
増えました。(この当時で1日1000PVほど)

2. 書くスピードが上がる
それなりに早くなった気はする。

3. 文章力が向上する
まったく向上していない。

4. ネタを探すアンテナに敏感になる
めっちゃ張り巡らせてます。

5. 収益になる
この当時でAdSenseで月8,000円超え。

6. ブログは大変じゃない?辛くない?
大変といえば大変な部分はあるが、辛くはない。

【100記事達成】ブログで100記事達成してよく語られるメリットは本当なのか?
ども、富山人あるのんです。 ブログを始めた最初の目標であった100記事なんですが、昨夜ついに達成しました。 100記事書くま...

 

200記事達成時

1. PV(ページビュー)が増える
一番多いときで月間12万PVありました。しかしポケモンバブルも去って、現在は1日3000PV前後…クスン。

PVを増やしていくには、Googleからの検索流入を意識した記事を書く必要があります。タイトルにどんなワードを盛り込むかは重要で、せっかく書いたコンテンツが良くてもタイトルに必要なワードが抜けてると検索で拾ってもらえません。

逆にタイトルだけ立派に着飾っても、ユーザーが期待した内容と違えば離脱率が高くなり、検索順位が下がったりでやはり拾われにくくなります。現在のGoogleはコンテンツの内容を重要視しているので、上位に食い込むには人に読まれる記事を書かなくてはいけません。その上で、その記事を最大限に活かすべくタイトルを考える必要があるのです。

検索の表示順位

検索された記事が読まれやすいかどうかは、検索結果の順位に大きく左右されます。検索結果の1ページめの1番上が読まれやすいのは誰でも想像がつくでしょうが、1位を取るのはそんな簡単なわけには行きません。ライバルが少ないジャンルであればそう難しいことではないのですが、需要が高くライバルが多いジャンルだとまず不可能に近い。

ぼくの書く記事は富山ネタが多いので検索結果の上位に出てくることもちょいちょいありますが、全国に需要の高いネタだとちょっとこのままじゃ無理だなあと。ではもしそれをやろうと狙うならばどうすればいいか。

ネットに限らず他の世界でもいえる話ですが、まずはスタートダッシュが肝心ですね。他のライバルが目をつけるよりも早く記事化し、テレビで取り上げられてブームになりそうなものをいち早く察知して記事化することが何よりも重要といえるでしょう。もちろん内容が薄いとすぐに抜かされます。

ポケモンGOバブル来襲!

ポケモンGOが流行りだしたときに記事化したんですね。めっちゃ騒がれて流行りだした頃に「ポケモンGO 富山」のワードで1位取れたんでかなりのアクセスがありましたが、もし記事化が数日遅かったら掲示板に取られててむりだったと思います。

あと富山でも検索がそれなりにされるワードはありますが、人気があるだけに色んな人が取り上げてますから、これもやはりライバルは多く上位を狙うのは容易いことではありません。

「記事を書いてからGoogleが仕事する(適正な検索位置にくる)まで1ヶ月かかる」なんてこともいわれたりしますが、いやはや1ヶ月どころではありません。記事を上げた当時は検索結果の5~6ページ目あたりに引っ込んでいた記事が、そこからじわりじわりと上がっていき、半年ほどかかって1ページめの上位にきたなんてこともありました。

逆にあまり需要のないワードの記事だと、上げてすぐ1ページめにでてきて少ししたらトップになってたなんてこともままあります。こういうのも続けてないとなかなかわからないことですね。

Googleの評価では記事の質が重要視されるということで、それらは「読まれる記事」と「適正なタイトル」であったといえるのでしょう。読まれる記事というのは「滞在時間(平均セッション時間)」も大きく関係しているようです。

その他にも「記事ボリューム(文字数)」や「オリジナリティ」も見られているようで、文字数は1000文字以上が望ましいとされています。ぼくの書く記事はほとんどの記事が1500~2000字以上になっていますが、文字数はただ多ければいいというものではなく、やはり人に読まれるものでなくてはいけません。

2. 書くスピードが上がる
3. 文章力が向上する

スピードは微増…?
文章力はまったく上がってる気がしねえ。

4. ネタを探すアンテナに敏感になる
もちろん常にネタは探してますが、以前ほどなんでもかんでもという感じではなくなったというか、より需要の高いワードを狙って書くようになりました。このままさらにがむしゃらに書いていっても少しずつPVは増えていくと思いますが、もっとグワッと検索から来そうなワードで書いたほうが効率はいいですからね。まあものは試し、何ごとも経験です。

アクセスをさらに増やすためにはどうすればいいか、何をすればいいかはなんとなく見えてはいますがが、このまま自己流で好きなようにやるだけではやがて頭打ちになってくるでしょうね。

とまあなんかカッコイイよさそうなこと言ってるけど、まず減ったPV戻せよってことで、とりあえず目先の目標として12万超えを目指します。

しかしブロガーはPVのみに生きるにあらず

さっきからPVPVって守銭奴のように言ってるけど、その一方で「検索流入がまったく見込めない記事への情熱」も失いたくないと思っています。

さっきと言ってることが間逆ですが、このブログのポリシーは一応以下のような感じ。

1. 人が興味のあるものを面白く書く

2. 面白くできないなら興味がありそうなものを書く

3. 人生において何の役にもたたないけど、とりあえず面白さは目指す

(1)が常にできるならそれはもはや人ではなく神ですけどね。そんなことは無理なのでとりあえず(2)か(3)を目指すんですけど、いや冷静に見るとどれも相当やぞ!?ハードル高すぎない?ということで、実際はもうちょっと妥協してお茶を濁すことが多いかもしれません。

橋にも棒にもかからないネタ記事は書いてて楽しいんですけどね。「タイトルも本当はこうしたほうが検索されやすいのはわかってる。わかってるけどワイは本文のネタを活かすためにあえて捻じ曲げるんやああああ!!」とSEOの神様にデコピンかますことも多々ありますけど、まあそういうのがあってもいじゃない!

5. 収益になる
100記事のときよりは増えていってはいるけど、PVの伸びほどには伸びてないのが課題なところ。今年はまだ確定申告の必要はなさそうね(´・ω・`)

まとめ

せっかくこういうアウトプットの場があるので、型にはまらずこれからも色々なことを実験がてらやっていきたいですね。ちょいちょい考えていることはあるし、このブログに出てくれるって人もいるので、そっちでも何か面白いことができればな~と考えています。

ということで、これからもよろしくお願いします!

おおお?ふむふむ、「ブログ 収益化」でググったら、何やら大事なことが書いてあるみたいだぞ、どれどれ?

ブログで収益化するなら最低1000記事は必要

・・・・・

俺たちの戦いはまだはじまったばかりだ!!

コメント

  1. じゅん より:

    あるのんはようやくのぼりはじめたばかりだからな このはてしなく遠いブログ坂をよ

  2. アパパネ より:

    .☆.+:^ヽ(∇^*)o【祝200記事】o(*^∇)ノ^;+.☆.

    (。-`ω´-)んー
    あたいにはチト難しいお話だが・・・
    ちゃまのブログは面白いし知ってる事が記事になるとワクワクすっぞ♪

    これからもはてしなく遠いブログ坂を登り続けてくだされぇぇぇぇwww

    • あるのん より:

      ありがとーーーん!!
      うん、これはどちらかというと
      ブログやってる100記事前後の人に向けた記事なのでw
      これからも両親の仇を探す旅に出たいと思います。(いないけど)

  3. タカキ より:

    継続は力なりの精神でこれからも頑張って下さい♪
    そして早い内に稼いだ収益で僕を「健全」な富山市桜木町のお店で還元をお願いしますw

    • あるのん より:

      いつもありがとうございます!
      でもタカキさんに還元するには、もうちょっと広報を頑張っていただかないと^^