【らーめん一心屋】ガツンと濃厚な魚介豚骨醤油ラーメンを堪能しよう

もう何年も前の話。

あるとき金沢へ遊びに行ったとき、石川県の地元のラーメン通の知り合いにお勧めを聞いてみたところ、「この辺なら一心屋がいいよ」と聞いて食べに行ったことがありました。

そしてつい最近のこと、金沢に長く住んでいたという友人のT井と2人で、T井お勧めのラーメン店へ行くことになりました。

この前フリでもうおわかりですよね。

はい

あ、貼り間違えた。

こりゃ長嶋ラーメンだった。


ラーメン一心屋

ということで、久々にらーめん一心屋へとやってまいりました!

食券制ナリ。

一見客には厳しめな食券制ですが、こちらのお店の券売機はレイアウトがわかりやすいです。

一番上には、ラーメンのり玉・鰹メガマックスのり玉・鬼にぼしラーメンのり玉・つけ麺のり玉の4種類が並んでまして、これらは既にのり玉がトッピングされた状態なのです。

この4種類からどのラーメンにするか決めたら、後はトッピングや麺の量をどうするかといった感じ。

下にはご飯や丼物もあります。

※ランチタイムライス無料!11:30~15:00

他のお店の券売機だと、メニューが無くなったり足されたりとカオスになってたりすることもあるじゃないですか。

意外なところに実は頼んでみたかったメニューがこっそりあったりして、ハンカチを噛みしめる思いをされた人も多かろうと思います。

今回ぼくは鰹メガマックスのり玉、T井は鬼にぼしラーメンのり玉をオーダーしました。

店内BGMの三味線の演奏を聴きつつ待ってる間、まだ外は明るいというのに慣れた手つきで週刊誌を広げ、おもむろにビールを飲みだすT井。

同じ酒飲みとして「こうはなるまい」と、あるのんは心に誓ったのでした。

■鰹メガマックスのり玉 830円

これはもう、見るからに濃厚ですね。

■スープ

濃厚な豚骨醤油スープに、メガマックスなかつお粉がまぶされており、旨味濃厚でパンチのあるスープです。

■麺

中太ストレート麺。

つるつるっとしてコシが強く、濃厚なスープに負けない強さがあります。

■チャーシュー

しっかりとした肉の弾力が楽しめる、濃厚な味わいの中でオアシスのような存在。

■味玉

できればメニュー写真のように切って出してほしかった。

豚骨醤油といい、麺やトッピングの海苔といい、全体的に『家系』ラーメンに近い雰囲気を感じました。

もちろん同じものではないし、煮干しやかつお粉を使用したラーメンやつけ麺もあるので、一心屋独自の味を追求しているということなのでしょう。

■鬼にぼしラーメンのり玉 820円

スープを飲ませてもらったところ、スープのベースは同じもののようですが、煮干しの味わいが濃厚です。

煮干し感は濃厚なんですが、鰹メガマックスの華やかなパンチと比べると、いくぶん落ち着いた味に感じますね。

華やかな鰹か、どっしりとした煮干しか、あなたの好みはどちら?

■麺

麺も鰹メガマックスと同じかなと思ったら全然違うものでした。

平打ち太縮れ麺で、多加水麺独特のもっちりとした歯ごたえです。これはこれでいいなぁ。

替え玉もあるのん

替え玉は細麺で、白玉と赤玉の2種類があります。(各100円)

替え玉が細麺なのは、恐らく素早く提供できるようにということなのでしょう。

すごく試してみたかったのだけど食べ切れる自信がなかったのん…。

個人的に唐辛子麺が気になりますね。

まとめ

ガツンとした魚介豚骨醤油ラーメンとして人気の高い一心屋ですが、つけ麺も人気なのです。

つけ麺は麺の大盛りが無料なのもありがたいですね。

石焼の器を使用していることから冷めにくいのも特徴です。できれば最後までアツアツで食べたいですから、こういう配慮は実に歓迎すべきありがたいことですね。

金沢市民に愛される一心屋のラーメンでガツンといっとこう!!

らーめん一心屋
住所:石川県金沢市北町丁22
電話:076-262-1483
営業時間:平日11:30~15:00 18:00~22:30
土日祝11:30~22:30
年中無休
※スープがなくなり次第終了

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で