【1,000円ポッキリ】創菜酒楽 靜月のほろ酔いセットが神すぎる!

一部のお店で非公式に始まっている『ゆるゆるマチネタめぐり とやまの新酒を飲み歩き!』イベント。

それぞれのお店の必殺の酒肴と富山の新酒が1,000円で楽しめるということなので、すでに行ってみたという人も少なくないことでしょう。

今回は「毎回本気度がすごい」とすこぶる評判の『創菜酒楽 靜月』へとやってきました。

 

こちらの暖簾をくぐるのは久しぶりです。

 

入り口を入ると使徒のような飾り物がお出迎え。

シン・エヴァ観に行かなきゃな~

靜月のほろ酔いセット

まずは冷酒2種が運ばれてきました。

通常であればこれで1,000円は軽く超えるので、これだけでもお得感ありますよ。

 

・・・と思っていたら、とんでもないことになりました。

 

 

なんかすごいのキターーー!!!

 

あまりに凄すぎて「これで本当に1,000円なんですか?」やら「これって2人前じゃないですよね?」やら、2度に渡ってひつこく聞き直すハメになったじゃない。

その説はお忙しいところ、お手を煩わせて申し訳ありませんでした。

 

日によって内容は異なるということですが、この日はマグロ・ながらも・牡蠣・カニの沖漬け・あんこうの唐揚げ・ナマコ酢の6品。

これにお酒が2種もついて1,000円だなんて控えめに言って神でしょ。

どれも最高においしいのですが、特に目を引いたのがナマコ酢とカニの沖漬けの2品。

ナマコってかなり固い食べ物で、あの独特のコリコリ感がまた癖になるんですが、このナマコは鹿の子切りにすることによって、柔らかさと食感の心地よさがすこぶる高められています。

 

そして、カニの沖漬けがどのくらい美味しいのかと言うと・・・

 

はい、おかわりするくらいの美味しさであります。

カニ沖漬け ¥500

こんな絶品のカニがこれだけ入ってて500円って安すぎませんか?これで設けあるんですか?

食べてるほうが心配になるほどの高コスパ。

 

とろけるような濃厚な旨味がたまりまへ~ん🤤

凝縮したカニの旨さが詰まった逸品でした。

メニュー

さて、次は何を食べようか。

このお店に来たら、やはりアレを食べずしては帰れないね。

かわはぎ肝巻刺 ¥980

かわはぎの肝といえば数多ある魚の肝の中でも絶品中の絶品として知られていますが、これはかわはぎの肝を刺し身で巻いたものであります。

 

大げさでなくモンテスキュー・・・ もとい悶絶級のおいしさなので、このお店に来たらもれなく召し上がっていただきたいですね。

以前このお店でオフ会をしたときに、県外の人の反応が特に良かったのが懐かしく思い出されます。

カニ味噌¥550

カニの身を和えた絶品のカニミソは熱燗不可避。

 

あ、こちらは付き出しです。

本日の味噌汁 ¥0

そして本日の味噌汁で〆。

こんなおいしい味噌汁が無料だなんて太っ腹ですねえ。どうもごちそうさまでした!

 

いや~もう、大大大満足のひとときを過ごさせていただきました。

また改めてお邪魔させていただきます!

今回の「とやまで新酒を飲み歩き!」は何しろ非公式ですので、ほろ酔いセットがいつまで提供されるかはお店によってまちまちだと思われますが、例年であれば3月の半ばまでということなので、少なくともそのくらいまではやってくれるのではないかなあと思います。

さあ、皆さんもぜひ駅前へ繰り出して、ほろ酔いセットを堪能してみてくださいね。

3月5日現在のほろ酔いセット提供店
  • きのか(富山市)
  • 海の神山の神 本店(富山市)
  • 海の神山の神 駅前店(富山市)
  • 富山炙(富山市)
  • 醸家 (富山市)
  • しずく (富山市)
  • ごんべい舎 (富山市)
  • 新 (富山市)
  • 靜月 (富山市)
  • あら川(富山市)
  • あらさん(富山市)
  • 風の北前や (富山市)
  • 浜焼きと御酒 磯炙 (富山市)
  • 花より魚 (富山市)
  • 越中舞華 (富山市)
  • 酒と魚とラーメン おかめん (黒部市)
  • ぜんろく (魚津市)
  • 酒蔵 盛盛 (高岡市)

創菜酒楽 静月

住所:富山市新桜町6-1

電話:050-5484-3220

営業時間:17:00~24:00(LO23:30)

定休日:日曜日

【2021】とやまの新酒を飲み歩き!ほろ酔いセットでもろ酔いに Part2 2021年「とやまの新酒を飲み歩き」が非公式にスタート!一人飲みを楽しもう~

コメントを残す